MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか

電気工事士ってどんな職業?

電気工事士ってどんな職業?

電気工事士とは、その名の通り電気工事のプロフェッショナルです。日本では電気工事士法により、この資格を持っていない人が電気工事を行うことが認められていない分野もあります。こちらでは、一般家庭からビルや工場の工事までを手掛ける電気工事士の仕事内容や資格について詳しく紹介しましょう。

電気工事士ってどんな職業?

電気工事士には、大きく分けて鉄道電気工事と建築電気工事の2種類があり、それぞれ仕事内容も異なります。各仕事の概要は下記の通りです。

鉄道電気工事

鉄道電気工事は文字通り、鉄道の電気に関わる仕事です。電車の架線をはじめ、踏切、信号、駅構内の照明などを扱います。電車は、架線から電気を貰って走る仕組みとなっているため、その設備工事が非常に重要な役割を果たします。また、安全で快適な運行のためのメンテナンスを行うのも仕事の一つです。

建築電気工事

建築電気工事は、建物の電気に関する専門家です。建設現場にて配線や電気設備の取り付けを一から行ったり、すでに設置されている設備や配線を動かしたり増やしたりといった作業を行います。電気工事を行う建物は、住宅や店舗、商業ビル、ホテル、医療施設、教育機関などさまざま。狭い天井裏での作業もあり、ある程度の身軽さやフットワークの良さも必要になります。

資格試験と内容について

電気工事士は都道府県知事から与えられる公的な資格であり、第一種と第二種に分かれています。それぞれに電気工事をできる範囲が異なっており、いずれかの資格を持っていなければ、電気工事の仕事に携わることができないこともあります。
第二種の資格を取得した場合、一般用電気工作物が作業可能な範囲であり、住宅や小さな店舗などがこれにあたります。
一方で第一種は、第二種よりも従事できる範囲が広く、工場やビルなどの自家用電気工作物が最大500kw未満である電気設備を扱うことが許可されています。
資格試験は筆記と技能の2つに分かれており、技能試験では配線やケーブルの取り付けなどを行います。

電気工事士の就職先と仕事内容

電気工事士の資格を活かせる就職先としては、建設会社や家電メーカーなどが挙げられます。主にその仕事内容は、建物内への電線の引き込み、配線などで、最終的に照明が点灯することなどを確認できるまでとなっています。工事を行う建物は、一般の住宅や店舗、ビル、工場、病院、エンターテイメント施設など、電気のある施設であれば、ほぼすべてが対象です。
また、建設時の配管工事だけではなく、工事後の品質を保持するための安全管理等を行うのも大切な仕事の一つ。電気工事士は、住宅に暮らす人々や施設を運営する人、それを利用する人などを支える重要な役目を果たしているのです。

住宅や商業施設、ビル、町中のイルミネーションなど、どこで使われている照明にも実は電気工事士が関わっているのです。専門的な知識を持って工事にあたることで、工事中の事故を防ぐだけでなく、利用者の安全を守ることにもつながります。社会的責任とやりがいを感じられる技術職の一つと言えるでしょう。

電気の道を目指すなら

資料請求
オープンキャンパス
PageTop