MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか

テレビ関係の仕事に就くためには

テレビ関係の仕事に就くためには

華々しいテレビやマスコミ関係の世界は多くの人が憧れを持ち、就職先としても人気のある仕事です。しかし人気がある分、実際に就職するのが難しい業界です。テレビ業界の仕事に就くためには、どのようなスキルを身に付けておくべきなのでしょうか?また、どういった人がこの業界に向いているのでしょうか?

テレビ業界が求める人材とは?

テレビは常に新しいこと、珍しいことなどを発信する情報の最先端でなくてはなりません。そんなテレビ業界では、どんな人材が求められるのでしょうか?

テレビに愛情を注げる人

人々を楽しませられるような番組を作るには、まずテレビが好きであることが最低限の条件です。自分が制作するものに興味や愛情を注ぐことができなければ、良い番組を提供するのは難しくなります。

強い意志や粘り強さを持っている人

長く働くためには、辛いことを乗り越えようとする強い意志が必要。テレビが好きなだけではなく、粘り強く物事に取り組む力を持つ人材が求められます。

思考し続けて行動できる人

企画を練るためには常に新しいことを考え続けること、情報を積極的に収集することが大切です。軽い憧れや興味だけでは務まりませんが、好きと思う気持ちからスタートして、自分がどんなことをやりたいのかを深く追求し続ける姿勢を持ちましょう。

憧れのテレビの世界へ!主な就職先とは

テレビ業界の就職先といえば、テレビ局や制作会社があります。どちらもテレビの番組を制作したり撮影したりといったことが主な仕事内容になりますが、待遇や関わることができる範囲などに違いがあります。

テレビ局

テレビ局での仕事は、テレビ放送に関連したものが多くなります。主な業務としては、番組の枠作り、スポンサーとの交渉、広告営業など。制作現場では、ディレクターやアシスタントディレクター、カメラマンなどといったさまざまなスタッフが働いています。
他部署への異動もあり、制作部門から総務や人事といった全く別の部門へ行く可能性もあります。

制作会社

番組の枠組みなどを決めるテレビ局の仕事に対し、制作会社は、その番組枠に当てはめるコンテンツを制作する仕事になります。決められた枠の中で、いかに視聴率の取れる良い番組を作れるかということに力を注ぎます。テレビ局は番組制作を制作会社へ任せることが多いため、制作の仕事に携わりたい方はこちらへの就職を目指すと良いでしょう。

自分に向いている職種を見つけよう

この業界ではたくさんの人が「ディレクターになりたい」、「自分の番組を作りたい」などの熱い情熱と夢を持って働いています。体力や精神的にきついこともありますし、下積みも必要になるでしょう。それでもテレビ業界で働きたいという方は、まずは就きたい職種を明確に定め、有利な資格を取ったり専門学校に通ったりといった行動に移してみてください。番組制作の仕事に就く場合、関連する資格を取ったり、造形美術を学んだりといった技能を培うことで、夢に一歩近づくことができるはずです。例えば、必須の資格ではありませんが、音響処理をする仕事であるMAを目指すならば「映像音響処理技術者資格」の取得を目指しても良いでしょう。

いかがでしたでしょうか?華やかなばかりではなく、技術の取得までに厳しい側面もあるのがテレビ業界。特別な資格や知識のない人でもテレビ業界に飛び込むことは可能ですが、就職前に専門学校で学び、きちんとしたスキルを身につけておけばスタート地点で他の人に差をつけることもできるでしょう。

TV・放送の道を目指すなら

資料請求
オープンキャンパス
PageTop