MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか
トップページ  >  ニュース

ニュース

news

臨床工学専攻科が専門実践教育訓練給付の支給対象になりました

社会人の方に朗報!最大85万2千円が支給される給付制度が利用可能になりました

読売理工医療福祉専門学校の臨床工学専攻科が「専門実践教育訓練給付」の支給対象になりました。

専門実践教育訓練給付とは
専門実践教育訓練給付とは、労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、 教育訓練にかかった経費の一部について、ハローワークから給付金の支給を受けられるという雇用保険の給付制度です。
平成26年10月から、従来の教育訓練給付金制度が拡充され、「一般教育訓練給付」と、「専門実践教育訓練給付」の2本立てに変更されました。

本校の臨床工学専攻科は、「専門実践教育訓練給付」の支給対象講座として厚生労働大臣の指定を受けている為、教育訓練経費の40%(年間上限額32万円)が支給されます。

更に、受講修了日から一年以内に臨床工学技士の国家資格を取得し、雇用保険被保険者として雇用された又は雇用されている等の場合には20%が追加支給となります。 そのため、最大で合計60%(年間上限額48万円)の支給を受けることができます。

本校の臨床工学専攻科 学生納付金の内、本制度の「教育訓練にかかった経費」として認められるのは、入学金+授業料(2年間分)+実習費(2年間分)の合計142万円となります。
つまり、最大で142万円×60%=85万2千円の給付金が受給できる計算となります。
※教科書代などの諸経費が別途かかります。

給付対象者

・初回受給の場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方
・平成26年10月1日前に教育訓練給付金を受給した場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者を有している方
・平成26年10月1日以降に教育訓練給付金を受給した場合、前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日前までの間に10年以上雇用保険被保険者期間を有している方
(この場合、当該専門実践教育訓練の受講開始日前までに、前回の教育訓練給付金の受給から10年以上経過していない場合は、対象となりません。)

申請手続き

(1)受講前の手続
訓練前キャリア・コンサルティングの実施、ジョブ・カードの交付を受けたあと、必要書類をハローワークへ提出します。
※受講前の手続きは、受講開始日(本校入学日)の1か月前までに行う必要がありますのでご注意ください。

(2)支給申請について
支給申請手続は、教育訓練を受講した本人が受講中及び受講修了後、原則本人の住居所を管轄するハローワークに対して、必要書類を提出することによって行います。
(受講中は、6か月ごとに支給申請)

お問い合わせ

■専門実践教育訓練給付の詳細については、最寄りのハローワークにお問い合わせください。



■授業内容や入学試験、学費などについては本校HPよりご確認いただくか、入学相談室までお問い合わせください。

資料請求
オープンキャンパス
PageTop