MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか
トップページ  >  ニュース

ニュース

news

第20回 第1種ME技術実力検定試験に本校在校生6名が合格

2014年6月15日(日)に行われた第1種ME技術実力検定試験に読売理工医療福祉専門学校臨床工学系学科の生徒が6名合格しました。

この試験は、臨床工学技士国家試験合格者または第2種ME技術実力検定試験合格者だけが受験可能で、 医療機器に関する資格試験としては国内最難関と位置付けられています。(例年の全国平均合格率が20%程度)

これまでにも毎年数名の学生が合格してきましたが、今年度は臨床工学専攻科(夜間)の生徒が5名、昼間の臨床工学科の生徒も1名合格という 素晴らしい結果を残すことができました。

本校の臨床工学系学科では、第2種ME技術実力検定試験の資格取得も指導しています。
この試験は、出題範囲が臨床工学技士の国家試験問題に近く、臨床工学技士を目指す学生にとって実力を測る目安となります。
本校臨床工学系学科では、卒業までに8割程度の学生が取得しています。

■第1種ME技術実力検定
・全国平均合格率:20%程度
・受験資格:第2種ME技術実力検定試験合格者および臨床工学技士の有資格者
・ME機器・システムおよび関連設備の保守・安全管理を中心に総合的に管理する専門的知識・技術を有し、かつ他の医療従事者に対し、 ME機器および関連設備に関する教育・指導ができる資質を検定することを趣旨とする。

■第2種ME技術実力検定試験
・全国平均合格率30%程度
・ME機器・システムの安全管理を中心とした医用生体工学に関する知識をもち、適切な指導のもとで、それを実際に医療に応用しうる資質を検定する。

臨床工学科
臨床工学専攻科

資料請求
オープンキャンパス
PageTop