リフォームの匠の授業


野口・岩瀬建築学科1年生の月・火曜日は、設計製図の授業は、リフォームの匠として、


ビフォーアフターに出演された「野口修一先生」に講師として来て頂いてじきじき


に教えて頂いています。


設計製図の技術はもちろんのこと、社会人として必用なマナーや、建築を志す


学生に大切な精神も授業中に一人一人に熱く語ってくださいます。






野口先生は、1988年に本校を卒業後、建設会社で10年間実務経験を積み、


「設計から完成まで、しっかりとした家作りをしたい。住宅建築家になりたい」


という思いから「野口修アーキテクツアトリエ」を設立し、現在活躍中です。


学生さんも、野口先生の熱い思いに触れ、1日1日と成長していっています。


頑張れ明日の匠たち!






建築1年1人!(^^)!!(^^)!建築1年製図風景

N建学院二級学科模試-構造編^^;-

日曜日に、二級建築士学科試験・N建学院模試がありました。


構造がとっても難しかったです。


構造の問題を分類すると・・(独断と偏見によりますが)


A 過去問題と同じ形式
B 過去問題と書き方は違うが理解していれば解ける
C 難しい。応用力が必要 
D やらなくていいくらい難しい


問1 用語と単位・・・ A 
問2 断面二次モーメント・・・ A
問3 曲げ応力度・・・ A
問4 曲げモーメント図からせん断力・・・ B(分布荷重)
問5 曲げモーメント図・・・ A
問6 トラス・・・B (3つもあって面倒)
問7 座屈荷重・・・A
問8 地下部分の水平震度・・・B(細かい)
問9 荷重の方向・・・ D
問10 地盤・・・ A 
問11 木造構造計画・・・ A 
問12 木造接合部許容せん断力低減・・・ C
問13 木造部材・・・ B
問14 補強コンクリートブロック・・・ A
問15 鉄筋コンクリート・・・ B
問16 末端部の折り曲げ角度は135°・・・ B
問17  山形鋼突出脚の1/2・・・ B
問18 柱に梁を溶接する場合部分溶け込み溶接でok?・・・ C
問19 トラス構造でも風の検討を行う・・・ D
問20 構造用合板のホルムアルデヒド放散量・・・ C
問21 フライアッシュ乾燥収縮小・・・ B
問22 スランプ・・・ C
問23 ヤング係数と鋼材強度・・・ A
問24 ガラス・・・ B
問25 クリンカータイル・・・ C


なんと過去問と同じ問題が9つしかない~。


これでは、受験生は皆構造で落ちてしまいます。


成績の悪かった方も、落ち込まずにがんばりましょう^^。

VE講座行われました

a0634608.JPG

 6月17日18日の二日間にわたって、建設VEの講座が行われました。


 VEて何?という方も多いと思います。


 VEとは、最低のライフサイクルコストで、必要な機能を確実に達成するために、製品やサービスの機能的研究に注ぐ、組織的努力のことである。と定義されています。


 参加者全員である課題を元にして討議してゆく授業で、物の考え方、それら情報の整理の仕方など、始めて触れる内容で、難しかったけれど、色々な考えが出てきて面白かったと言う意見が多くありました。