国家資格「電気工事士」の全科目免除で免許取得学校

皆さん、「電気工事士」どんなプロなのか知ってますか?

 一般住宅の電灯やコンセント、スイッチ等、電気設備工事を行うには資格を持った人でないとできません。


 つまり、国家資格「電気工事士」を持っていない人は電気設備工事はできないのです。 


電気設備工事のプロです。


 もし、資格のない人が電気設備工事をしたときはどうなりますか?


 もちろん、罰金です。


 「電気工事士」には、第1種と第2種があり、規模に応じて免許が異なります。


  第1種電気工事士は、工場やビル等の電気設備工事


  第2種電気工事士は、住宅、小規模な店舗等の電気設備工事


 電気技術学科は第2種電気工事士が卒業と同時に無試験で取得できます。  (試験受験しての合格率は全国平均28%)


  また、第1種電気工事士に関しても試験対策授業はもちろん放課後使っての補講をおこない取得できるよう指導しています。

見学会と懇親会

313d14d6.JPG

  5月19日(金)東京ビックサイトで行われた第58回ビジネスショウの見学を行いました。今年のビジネスショウは「ビジネスの新しい価値創造を推進し、創造性豊かな社会の発展に寄与する」というコンセプトで、各分野から300社以上の企業が参加して行われました。また、見学後、新入生の懇親を兼ねた昼食会を行いました。

2年生電気工事実習(2)

4/26電気工事実習(2) 施工する配線図を複線図施工図に直して、必要な材料積算を行う。材料・機器・工具を準備し、作業開始。施工図通りきれいにできあがったかチェック!だ!!

資格対策授業開始

   資格試験対策電気技術学科では、毎年試験対策授業を実施しています。本年度も電気主任技術者3種、第1種電気工事士、甲種消防設備士1類・4類2級ボイラー技士、危険物取扱者乙種4類の資格対策授業を開始いたしました。在学中にできるだけ格を取得しようと熱意ある学生が合格めざして毎日がんばっています。昨年度は、電気主任技術者3種 科目合格者8名1種電気工事士5名甲種第4類消防設備士2名、2級ボイラー技士5名、危険物取扱者乙種4類3名、第3種冷凍機械1名が合格いたしました。