補習が始まりました

みなさんこんにちは

今朝のオニ寒さってなんでしょうね???

こんな日は、コタツでまるくなるのが一番ですが、

そうも言ってられませんので頑張りましょう

さて、成績が一通り揃ったところで、

みんなの明暗を分ける「卒業判定」と言うモノを行います。

この子を卒業させて良いか、悪いかの判断を行うのです。

わが「読売理工医療福祉専門学校」の

看板を背負って羽ばたく学生たち。

それに恥じない学習を修められたかの判断です。

ただやみくもに出席してれば良いわけでもなく、

だからって成績だけ優秀で欠席が多くてもアウトで・・・。

まぁ、それであれが足りないこれが足りないの

終始決算をするのが「補習」なんですけどね。

授業の課題を完成させる、

特別メニューの授業を行う、

それ以外の整備・メンテナンスなどなど・・・。

学生の足りない部分に応じてメニューを考えます。

いつもと違うことできるからよくね??

あっまーい!!

自分の進級と卒業がかかっていて、

ミッション失敗=おめでとう留年生

この条件は、

・なにがなんでも無遅刻無欠席

・与えられた指示に対して寸分たがわず行動する

・問答無用で時間厳守の締め切り厳守

それ以外にも色々・・・

ゲームじゃないので、

リセットは効かない!一回限りのチャンスです。

そこでいい働きをしても、

そこでいい仕事をしても、

評価は最低限です

そう、割に合わないのですよ

だけど、救えるのはまだ良いとして、

救済処置のしようがない場合・・・更なる地獄が・・・

「留年」という引け目と、

「あの人、留年したんだ~」という周りの目、

「え?専門で留年ってありえなくね??」という面接官の攻撃。

あなたは耐えられますか?

そんな訳で、

正規の授業内でやることをやってしまった方が、

気持ちも楽だし、

時間を無駄にしないし、

何より自分に対して正当に評価される

これが一番大きいよね。

・約束の時間を守る=遅刻をしない

・やるべきコトをきちんとする=提出期限内に課題を済ませる

・指示に従う=仕様や体裁など、条件を満たしたものを用意する

以上の3つを、

クリアして初めて「自分自身のよさ」について注目されるのです。

そのこと忘れていませんか?

「不平や不満を言う前に、やることきちんとやりましょう」

そういうこと。

これができていなくって、

「進級」と「卒業」の条件を満たしていない場合、

敗者復活戦として行うのが「補習」です。

在学中は「敗者復活」というたすきをかけ続け・・・

って事はないけど、とっても不名誉なことです。

もったいないな~。。。

そんなところで、

みなの衆 苦しゅうない 頑張るがよい~