脳性まひを理解する

後期が始まり、一番初めの授業は「介護概論」


第1回目の授業から外部からゲストを呼んでいます。


山口かほるさんです。


IMGP0115


IMGP0103


 


 


 


 


 


生まれてすぐ重度の脳性まひになり、車椅子生活に。


その後、10歳ごろから絵に夢中になり、足の親指に挟んだ一本の筆


で絵を書いています。


生い立ちから絵のこと、今まで居た施設のことなど、自分自身の体


験談を含めて話してくれました。


脳性まひについてなかなか理解してもらえず、つらく悲しいことも


あったそうです。


しかし、今はいろんな人に支えられながら楽しく生きていることが


伝わってきましたね。


IMGP0105


IMGP0107


 


 


 


 


学生さんたちは熱心に耳を傾けていました。


やはり、介護には話を聞くことが大事ですよね


山口さんは現在は毎年、いろんな場所で個展を開いていますので、


一度行ってみてはいかがでしょうか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です