1. トップページ
  2. 業界・進路お役立ちコラム
  3. 建築・電気
  4. 一級建築士になるには?最短でなる方法もご紹介
建築・電気 : 業界・進路お役立ちコラム

一級建築士になるには?最短でなる方法もご紹介

一級建築士になるには?最短でなる方法もご紹介
目次
  1. 一級建築士になる4つの方法
    1. 実務経験ルートで目指す
    2. 建築の専門学校から目指す
    3. 建築系の大学や短大、高専から目指す
    4. 高校の建築科から目指す
  2. 最短で一級建築士になりたいなら、建築の専門学校がおすすめ
  3. まとめ

一級建築士には、どうすればなれるのでしょうか。 本記事では、一級建築士になるための方法を4つご紹介し、できるだけ早く有資格者になるためのステップも解説します。

一級建築士になる4つの方法

一級建築士になる方法は、大きく4つに分けられます。それぞれどのようなステップを踏む必要があるか、順に確認していきましょう。

実務経験ルートで目指す

一級建築士の試験を受けるには、一定の建築に関する学歴か実務経験が不可欠です。 学歴を満たしていない場合、建築実務経験を積み、まずは二級建築士の合格を目指すこととなります。以下に実務経験ルートで一級建築士を目指すステップを示します。

1.建築実務経験を7年以上積む

2.二級建築士試験に合格し、免許登録を行なう

3.4年以上の実務経験を積み、一級建築士試験に合格し免許登録を行なう

この方法で二級建築士試験を受験する場合は、先に実務経験の条件を満たさなければなりません。一方で一級建築士の場合は、試験の合格と実務経験の順番は不問です。
また、最終学歴が大学や短大、高専、専門学校の方でも、建築の科目を20単位以上履修していない場合はこのステップを踏むことに留意しましょう。

建築の専門学校から目指す

建築の専門学校を卒業した方は、2つの選択肢から選べます。

1. いったん二級建築士となり、一級建築士を目指す

2. 直接一級建築士を目指す

1番目の方法を選んだ場合、以下の条件を満たすことで二級建築士になれます。実務経験はいりません。

・専門学校で2年以上学び、建築に関する科目を40単位以上履修して卒業する

・二級建築士試験に合格し、免許登録の手続きを行なう

 

その後一級建築士になるには試験の合格に加えて、二級建築士での実務経験が4年以上必要です。
一方で直接一級建築士を目指す場合は、以下に示す実務経験を要します。

修業年限 建築に関する単位数 必要な実務経験
4年以上 60単位 卒業後2年以上
3年以上 50単位 卒業後3年以上
2年以上 40単位 卒業後4年以上

2年制の専門学校で建築を学んだ方は、先に二級建築士となったほうが任される仕事も多く、やりがいもあるためおすすめです。 このメリットを十分に活用し、計画的にキャリアアップを行ないましょう。

建築系の大学や短大、高専から目指す

次に、建築系の大学や短大、高専を卒業して目指す2つの方法を取り上げます。 建築の科目を40単位以上履修した方は、試験合格と免許登録により二級建築士になれます。その後のステップは、専門学校の場合と同じです。

直接一級建築士を目指す場合は、実務経験が必要です。 一例として、大学を卒業した方の場合を以下に記しました。

建築に関する単位数 必要な実務経験
60単位 卒業後2年以上
50単位 卒業後3年以上
40単位 卒業後4年以上

専門学校卒業の場合とほぼ同じことにご注目ください。 以下の表で、2年制の専門学校と大学を比較しました。

学校の種類 2年制の専門学校 大学
学ぶべき年数 2年 4年
一級建築士に必要な実務経験 4年以上 2年以上
合計 6年以上 6年以上

専門学校を卒業した方は、4年間の実務経験をまるまる二級建築士として過ごせます。 より高いレベルの仕事を任されやすく、実体験に基づいた経験を積める点も魅力です。

高校の建築科から目指す

最後に、高校から直接社会に出たらどうなるか考えてみましょう。 この場合は、いったん二級建築士になる必要があります。

建築に関する科目を20単位以上履修した方は、以下の条件を満たすと二級建築士になれます。試験合格と実務経験の順番は問いません。

・二級建築士試験に合格する

・実務経験が2年以上ある

 

その後のステップは、専門学校の場合と同じです。 しかし一級建築士になるには就職後、合計で6年以上の実務経験が求められる(二級建築士になるための実務経験2年 + 二級建築士での実務経験4年)ので、そこが難点といえるでしょう。

このように早く社会に出たからといって、一級建築士に早くなれるわけでもありません。 専門学校でしっかり建築を学ぶことで日々の業務にも役立ち、より早い成長と職場でのより良い評価につながります。

最短で一級建築士になりたいなら、建築の専門学校がおすすめ

最短で一級建築士を目指すなら、建築の専門学校で学ぶことをおすすめします。 しっかり学ぶことで、以下のメリットが得られます。

・建築士になり活躍するためのカリキュラムが組まれている

・卒業初年度に二級建築士を受験することが可能

・4年以上の実務経験と試験の合格で、一級建築士になれる

読売理工医療福祉専門学校も、上記に対応可能。 必要なカリキュラムを、2年間に凝縮しています。実践力を養う授業で確実に学べ、現場で活躍できる実力をつけられることも魅力です。
また、二級建築士の対策講座や就職のサポートもあります。普通科高校出身の学生も多く、安心して学べます。

まとめ

一級建築士になるには建築の専門学校を卒業し、二級建築士となったあとにしっかり経験を積むことがおすすめです。

建築の業界を希望する方は、ぜひ読売理工医療福祉専門学校をご検討ください。 学校は交通至便な東京・後楽園。首都圏の多くの地域から通学しやすいことが魅力です。もちろん入学後は、あなたの夢を全力でサポートします。

建築の道を目指すなら

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする