kar
MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか
トップページ  >  学科紹介  >  放送映像学科

カメラマン・音声・照明・映像編集
テレビ技術スタッフを目指す専門学校

放送映像学科
日テレグループのバックアップで テレビ番組制作の即戦力へ
2年制
昼間
定員:60名
「職業実践専門課程」文部科学大臣認定校
Avid Xpress Pro認定校
アドビ認定専門学校

放送映像学科とは

日本テレビグループのバックアップのもと、テレビカメラマン、照明、音声、MA、映像編集、美術、ビデオエンジニア、ADなど、テレビ番組の制作に関わるスタッフを目指す学科です。 放送映像学科では、あえて職種によるコース分けをしていません。 1年次は全員がカメラ、編集などさまざまな役割を担当し総合的な力を身につけ、2年次に希望職種に沿って専門性を深めていきます。いろいろな技術を学ぶからこそ、本当に自分に合う職種を見つけることができます。自分が一番伸びる分野は何なのかを探り、スキルを身につけていきましょう。

学科の特徴

Point1

現役のプロが少人数制で直接指導

実習は1グループ15名前後、そこに最大3名の教員がついて指導します。教員はテレビ、映画の業界で現役で活躍しているプロフェッショナル。全員が機材や設備にじっくり触れて学べる少人数制で、確実に力をつけます。

Point2

日テレの有名番組を中心にプロの現場を体験

約1か月間にわたるインターンシップをはじめ、特別研修やアルバイトなど、在学中からプロの番組制作現場を経験するチャンスが豊富にあります。

Point3

日テレグループの会社などに就職率100%

本学科は日本テレビの番組制作に関わる会社を中心に、毎年多くの学生が就職しています。クオリティが高く安定した就職先を紹介できるのは、業界との強いつながりがあるからです。

カリキュラム

TV番組制作に必要なスキルを総合的に学びます

1年
テレビ番組の制作に関わる様々な職種を総合的に学びます。
番組制作の基礎、各機器の基本操作を学び、それらを活用して実践的な基礎訓練を行います。
随時インターンシップも始まり、プロの番組制作現場を体験します。
2年
本人の希望職種に即して技術や知識を学びます。
希望職種に合わせた演習、卒業に向けて実践的な制作を行います。

授業

スタジオ実習

豊富なカメラをはじめ、テレビ局に迫る機器を完備したスタジオで、様々なジャンルの番組やCMを制作します。

ノンリニア編集

業界標準のAvid社の映像編集ソフトを利用して学びます。編集の技術だけでなく、理論もしっかり身につけます。

MA(Multi Audio)実習

完成された映像に、業界標準の整音ソフト「Pro Tools」を用いてナレーション、効果音、音楽などをつけます。

卒業制作

グループごとに企画から台本作り、撮影、編集までを行い、2年間の集大成となる作品を作り上げます。

最新の4K設備

本校は4Kカメラ、4Kテレビ(64インチ)、スイッチャー等の最新設備を随時導入しています。

講師紹介

私たちが皆さんをサポートします

技術や知識をマンツーマンで教えるのはもちろん、就職活動では親身にサポートする、熱く優しい本学科の教員です。

講師のプロフィールをみる

高梨 正利

長年日本テレビの番組カメラマン、チーフカメラマンを務め、現在、テクニカルディレクターとして活躍中。

手がけた主な番組

「踊る!さんま御殿!!」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」

手がけたPV

SMAP東京ドームライブ、福山雅治カウントダウンライブなど

Message

番組制作においての技術職の醍醐味は、多数の人に視聴される番組を、自分が身につけたテクニックを駆使して作り上げていくところ。他業種ではなかなか味わえない面白さがあります。その楽しさを味わってもらえるように、人気バラエティや音楽番組などに近いシチュエーションを作って実習しています。

小中 和哉

「星空の向こうの国」で商業映画デビュー。「ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影」でウルトラシリーズ初監督。以降、監督・特技監督として映画・テレビシリーズ両方でウルトラシリーズに深く関わる。近年では福士蒼汰主演の「ぼくが処刑される未来(2012)」、土屋太鳳主演の「赤々鍊恋(2013)」などを監督。「イタズラなKiss2~Love in TOKYO」が「東京ドラマアウォード(2015)」にて『J Series』賞を受賞。

Message

放送映像学科では、放送、映像に興味があれば全くのゼロの地点から教えていきますし、私が現場で培った知識や演出技法も伝えていきますので、やる気があればどこまでも深く学ぶことができます。ぜひ、自分の可能性を試してほしいです。

資格について

テレビ業界に就職するために必要な資格というものはありません。しかし「映像音響処理技術者資格認定試験」を持っていれば、映像・音響の基礎知識を持っている証明になり就職時に心強い武器となります。放送映像学科ではこの映像音響処理技術者資格認定試験を、参加校として全員が受験します。

インターンシップでプロの制作現場を体験!

インターンシップとは、実際の番組制作現場で、プロの仕事ぶりを肌で感じてもらうための実習授業です。日本テレビの人気番組をはじめとした実際のテレビ番組の収録現場で、数週間の職業研修を実施しています。プロとの仕事を通じて実践的なスキルを磨くことはもちろん、就職活動に必要な情報や適性を知るためにも役立ちます。インターンシップ先での頑張りが評価され、内定に繋がる事例も毎年多くあります。テレビ業界は定期的な採用を実施していない企業も多いため、こういった現場との繋がりが、自分の目標とする番組や会社で働くための大きなチャンスとなります。

インターンシップ先の企業一例

  • (株)日テレ・テクニカル・リソーシズ(NiTRo)
  • (株)イカロス[旧(株)読売映像]
  • (株)日本テレビアート
  • 日本TV映像(株)
  • (株)インターナショナルクリエイティブ
  • (株)ザ・チューブ
  • (株)テレテック
  • (株)タムコ
  • (株)アイエス・フィールド
  • (株)テレフィット

他多数

就職について

テレビ業界への就職を
強力サポート

本校のある港区には東京タワーがあり、テレビ局、番組制作会社が集中しています。有名な番組制作会社への就職実績が多いのは、日本テレビグループ全体が本校学生の就職をバックアップしている証です。日本テレビグループの番組制作会社をはじめ、テレビ業界の幅広いフィールドで活躍できるように、就職担当教員が学生の希望に沿って就職活動を指導しています。毎年高い就職率を維持しており、2018年3月卒業生の就職率は100%でした。

主な目指す職種

テレビカメラマン

スタジオカメラマンやロケ・取材カメラマンがあります。 不具合が生じたときに対応できるよう、電子機器のメカニズムを理解しておく必要もあります。

音声

シーンに合わせてマイクを使い分け、出演者の音声を収録します。ミキサーなどの機械を使って音のバランスを整えたりします。

照明

照明機材を駆使して、空間を演出します。 照明効果の知識のほか、撮影したい映像の構成やシーンを的確に把握する能力も必要とされます。

映像編集

収録した様々な映像素材を、一つの番組に仕上げる重大な仕事。 放送時間を把握し、的確につなぎ合わせる技術や知識が求められます。

アシスタントディレクター

ディレクターについて、さまざまなサポートを行います。 移動・宿泊の手配など、細かな仕事すべてを任される、番組制作に欠かせない存在です。

学生納付金

奨学金制度などを充実し、経済的な理由で進学に不安がある学生を支援しています。

入学手続き時納付金 (A)¥794,500.-
入学金(入学手続き時のみ)
¥200,000.-
授業料(6ヶ月分)
¥300,000.-
施設・維持費
¥160,000.-
実習費
¥100,000.-
諸経費
¥34,500.-
後期納付金 (B)¥560,000.-
授業料(6ヶ月分)
¥300,000.-
施設・維持費
¥160,000.-
実習費
¥100,000.-
1年次納入額合計 (A+B)¥1,354,500.-

※上記の金額の他に教科書・教材代等がかかります。
※2年次の納付金は、1年次の授業料、施設・維持費、実習費の合計に諸経費を加えた金額となります。

在校生
インタビュー

在校生
少人数制なので機材に触るチャンスが多いのが魅力

竹田 佳祐
長野県上田千曲高等学校出身
(株)TBSスパークル 内定

詳しく

小さい頃から父にカメラを触らせてもらっていたこともあり、カメラを使った仕事をしたいとずっと思っていました。初めて見るテレビ番組用のカメラに感動。少人数制なら機材に触れるチャンスが多いのではと考え入学を決めました。授業ではカメラや照明、音響など全ての機材を触ることができるので、自分が志望している職種以外の知識を得ることができる点も魅力でした。

在校生
先生と生徒の仲が良くなんでも相談ができる関係性

宗形 円琴
千葉県立野田中央高等学校出身
(株)テイクシステムズ 内定

詳しく

ずっと吹奏楽部に入っていたことから、音に携わる職業に興味がありました。オープンキャンパスで感じた、先生と生徒の仲が良いという印象通り、分からないことはすぐ聞ける距離感なので、入学してよかったと思います。最初は音楽番組をやりたかったのですが、音響にもいろいろな仕事があると分かったので、友達と情報交換しながら進路について相談し合っています。

先輩紹介

イチから番組を作る
充実した日々

大上 栞
東海大学出身
(株)泉放送制作 内定

大上さんの一週間

詳しく見る

夏休みにクラスの友達と湯河原旅行に行きました。授業以外でもよく遊びに行きます。

スタジオ実習では、それぞれの志望職種に合わせて役割を担当します。

大学で自然環境について学んでいたのですが、ずっと興味があった放送業界で仕事をしたいと思い、イチから勉強するために入学しました。元々はカメラ志望でしたが、授業を受けていくうちに演出にも興味が出てきて、現在は技術の勉強をしながらディレクターを目指しています。授業ではプロの方々から貴重な話を聞くことができたり、実習ではみんなで意見を出し合いながらイチから番組を作ったり、充実した毎日を送っています。私はまだインターンシップに行っていないのですが、同級生たちがインターンシップでの出来事を楽しそうに話しているのを聞くと、私も早く現場を体験したいなと思います。

卒業生紹介

責任とやりがいがある
報道の仕事

髙橋孝一朗さん 2018年3月放送映像学科卒業
(株)日放 第一制作技術部 制作技術課第一係
カメラアシスタント
携わっている番組「ANNニュース」「ワイド!スクランブル」「報道ステーション」など

高橋さんの一日

詳しく見る

現場ではカメラだけでなく音声や照明機材を扱うこともあります。

現在は首都圏での仕事が中心なので、今後は全国のイベント中継などを担当してみたいです。

報道中継のカメラアシスタントとして、ANNニュース、ワイド!スクランブル、報道ステーションなどに携わっています。報道中継はリアルタイムで事件や事故を伝える責任とやりがいのある仕事です。また、一般の人が入れないような場所で仕事ができるというのも魅力の一つ。築地市場の最後のセリを中継した時は、歴史の一コマに立ち会った喜びを感じました。音声や照明機材などのスキルを要求されることもあり、読売理工でのオールラウンドの学びが役立っています。TV業界は労働環境も改善されていて、新聞奨学生だった私は、今のほうが時間に余裕があるように思います。

オープンキャンパス

スタジオ番組制作体験

台本に沿って、番組制作を体験します。 実際のテレビ番組制作現場と同じ環境で、 カメラマンやスイッチャー、ミキサーなど色々な職種を体験することができます。
※放送映像学科の2020年4月入学生募集は終了しました。今後のオープンキャンパスは2021年以降の入学生を対象に開催します。

11/23 (祝)

12/1 (日)

13:30〜16:00開催

LINEからもお申込みいただけます。

友だち追加

学校見学

あなたのご希望に合わせます。
平日の好きな時間に個別に相談!

個別の学校見学を平日10:00~16:00の間で受け付けています。
時間外でもできるだけご希望に応じます。お気軽にご相談ください。

10:00-16:00の間で随時受付

学科index
お電話でのお問合わせ

お電話でのお申込・ご相談は
入学相談窓口まで

0120-064-490
(平日9:00~17:00受付)
資料のご請求

無料で資料をお届けします!
パンフレット・願書のお申込はこちら

資料請求フォームへ 資料請求フォームへ
オープンキャンパスのお申込

オープンキャンパスや学校見学を開催中
各種イベントの詳細はこちら

イベント詳細ページへ
資料請求
オープンキャンパス
留学生申込み