MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか

電気の資格取得に有利な認定校・養成校とは?

の資格取得に有利な認定校・養成校とは?

目次


【お知らせ】

電気関連の資格は、仕事に結びつくことから人気があります。しかし、どの資格も難易度が高く、合格率は高くありません。試験のハードルを下げるためには、資格の取得に有利な「認定校」や「養成校」に通うのがおすすめです。今回は、認定校や養成校に通うメリットについてお話します。


電気関連の資格は難関!

電気関連の資格には「電気主任技術者」、「電気工事士」、「電気工事施工管理技士」、通信関連の資格には「電気通信主任技術者」、「電気通信の工事担任者」が例としてあげられます。電気工事士の試験は、基本的な内容が扱われるため合格率が低くありません。しかし、電気主任技術者の試験は、合格率が10%を下回ることもある難関です。
電気関連の資格取得の難易度を下げる方法はあるのでしょうか?


資格取得に有利な認定校・養成校

電気関連の資格取得や、電気の仕事への就職を目指すうえでおすすめしたいのが、「認定校」や「養成校」への入学です。これらの制度で指定された認定校・養成校を卒業すると、試験が免除されるなど、有利な制度が用意されています。


卒業後、実務を経て試験が免除される「認定校」

「認定校」は、正確には「電気主任技術者認定校」といいます。この制度で指定された認定校を卒業し、必要な実務経験を積めば、試験に合格しなくても資格を取得できます。
認定校には、全国の工業高校、専門学校・短大・大学が指定されています。認定されるためには、電気工学に関する学科において、指定された単位を取得し卒業する事が必要です。また、取得する免状の種類(第一種、第二種、第三種)と求められる実務経験の長さは、卒業した認定校(工業高校、短大・専門学校、大学)によって変わります。


卒業するだけで資格が得られる「養成校」

電気関連の養成校には「電気工事士養成施設」があります。電気工事士養成施設とは、第二種電気工事士を育成する為の教育施設です。「認定校」と異なり、所定の単位を取得して卒業すれば、第二種電気工事士の資格が得られます。
電気工事士養成施設には、工業高校や短大・専門学校、大学などが指定されており、全国で120校ほどが登録されています。


まとめ

難関といわれる電気関連資格のハードルが下がるのは、認定校の大きなメリットです。もちろん、講師の指導のもと電気工事の知識を体系的に学べるのも魅力のひとつ。電気に従事する仕事を志している方は、認定校への入学を検討してはいかがでしょうか。



【お知らせ】

本校(認定校)を卒業後、取得が有利になる資格

本校は認定校、養成校の両方の指定を受けております。本校(認定校)の卒業によって、取得が有利になる資格を紹介します。


第二・三種電気主任技術者(認定校で有利)

電気主任技術者資格は、事業用電気工作物の工事、維持及び運用の保安の監督をする「電気主任技術者」になるために必要な資格です。認定校での単位取得後に、一定期間の実務経験を積むことで取得できます。
本校の場合、第三種の取得に必要な実務経験は2年以上、二種では5年以上です。認定校に通う時間はかかってしまいますが、合格率が低い難関の試験が免除されるのは大きなメリットです。


AI・DD種工事担任者(認定校で有利)

工事担任者は電気通信回線の接続工事に必要な資格です。資格はアナログ(AI)とデジタル(DD)に分かれています。それぞれに第一種から第三種が用意されているほか、すべての範囲を含む「総合種」という資格も用意されています。
資格取得のためには「電気通信技術の基礎」「端末設備の接続のための技術および理論」「端末設備の接続に関する法規」の3つの筆記試験に合格しなければなりません。このうち「電気通信技術の基礎」は、本校のような認定校を卒業すれば試験が免除されます。


本校(養成校)を卒業時に取得できる資格

本校(養成校)で指定の単位を取得し卒業する事で、試験を経ずに取得できる資格もあります。


第二種電気工事士

電気工事士は、住宅やオフィスビルなどの一般用電気工作物の電気工事を行う職業です。第二種電気工事士の資格は、養成校を卒業すれば国家試験を受験することなく取得できます。電気関連の資格としては最もベーシックなもののため非常に人気があります。

電気の認定校・養成校を目指すなら

資料請求
オープンキャンパス
留学生申込み