MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか

電気通信工事担任者に必要な資格は?

電気通信工事担任者に必要な資格は?

目次


電気通信工事担任者は、インターネットを快適に利用するためになくてはならない存在です。LANケーブルの配線工事や、通信回線の運用や保守のような業務を行っています。電気通信工事担任者になるには、国家資格を取得しておくと有利です。
このページでは電気通信工事担任者の仕事内容や、就職する方法についてお伝えします。


電気通信工事担任者の仕事に必要な資格は?

電気通信工事担任者は、電気通信設備に関する知識を持ち、工事や保全を行います。この仕事をするには、「電気通信工事担任者」の国家資格を取得しておくことが推奨されています。
資格を持っていることでより専門性の高い仕事に就けるようになり、収入アップにつながります。また、就職や転職の際にも有利です。合格率は29%程度と高くありませんが、さまざまなメリットがあるため、ぜひ取得を目指してみてください。



電気通信工事担任者の仕事内容は?

電気通信工事担任者の主な仕事は、通信回線を設置し、問題なく利用できるようにすることです。電話回線やCATV、光回線の配線工事を行ったり、設備の設置をしたり、配線工事の監督をしたりします。また、各通信回線の運用や保守を行うのも電気通信工事担任者の仕事です。



電気通信工事担任者の資格について

「電気通信工事担任者」とは、電気通信事業法に基づいた資格です。この資格を取ることで、電気通信工事を行ったり、工事の監督をしたりできるようになります。電気通信工事担任者には、
・AI第一種
・AI第二種
・AI第三種
・DD第一種
・DD第二種
・DD第三種
・AIDD総合種
の7種類の区分があります。



資格取得の方法

電気通信工事担任者の資格には、特に受験資格はありません。性別や年齢による制限がなく、実務経験も問われないため、誰でも挑戦することができます。しかし、試験の難易度は高いため、未経験者が合格するには早めに準備をしておく必要があります。



まとめ

電気通信工事担任者の資格を取ることで、より専門的な仕事ができるようになり、収入を上げやすくなります。電気通信工事担任者の仕事を目指す方は、ぜひ取得を検討したい資格です。

電気通信工事担任者を目指すなら

資料請求
オープンキャンパス
留学生申込み