MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか

IT分野の職種まとめ

IT分野の職種まとめ

目次

IT分野の職種

IT(情報技術)は、世の中のあらゆる分野で応用範囲を拡大させています。生産の現場や企業経営、人々のコミュニケーションに至るまで、現在の豊かな生活の基盤となるIT。今回はそのIT分野を支える代表的な職種とその内容を紹介します。

インターネット業界

ウェブサイト制作やネットワークの構築、インターネット広告、SNSの提供やショッピングサイトの運営が代表的なインターネット業界のサービスです。

【Webデザイナー】

Webサイトのデザインを行う仕事です。プログラム言語の習得や、デザインの技術が求められる仕事です。

【Webディレクター】

Webデザイナーやプログラマーなどチームをとりまとめ、インターネット上でのプロジェクトを管理する仕事です。幅広いスキルや経験・知識が必要とされます。

情報処理サービス業界

主に、企業が情報システムを利用する際に必要なサービスを提供します。業務内容は、基幹データベースの構築や、ハードウェア・ソフトウェアの保守など多岐にわたります。

【ITコンサルタント】

サービスの導入を検討している企業に対し、その企業が抱える問題をITによって解決する方法を提案します。

【セールスエンジニア】

高度なITの知識を持ったエンジニアが、サービスと販売も行います。

ソフトウェア業界

コンピューターを動かすためのプログラムなどを提供します。代表的なプログラムとしては、コンピューターの基本的な管理をつかさどるシステムソフトウェア(OS)や、特定の作業をするためのアプリケーションソフトウェアが挙げられます。

【プログラマー】

ソフトウェアを開発する仕事です。Java、Ruby、C++など、顧客のニーズに応じた言語を利用します。

【SE(システムエンジニア)】

コンピューターシステムの設計を行います。クライアントとの話し合いを通じて、最適なサービスを提案します。

ハードウェア業界

ハードウェアとは、機械や装置の事を指します。代表的なハードウェアとしては、パソコンやプリンター、スマートフォン(携帯電話)などが挙げられます。エンタープライズ用途で利用される、サーバーなども含まれます。それら製品を取り扱う業界です。

まとめ

ITの活用範囲は、さらに広がっています。洋服や車、工場での生産物など、これまでインターネットにつながっていなかったモノを、小さな通信デバイスを通じて接続する「IoT」が注目を集めています。 IoTから集まる膨大なデータを集積する「ビッグデータ」や、そのビッグデータを解析するための「人工知能」も大きな成長が期待できる産業です。
将来、さまざまな職種が人工知能に代わられると言われています。一方で、データサイエンティストなど、これまで存在しなかった全く新しい仕事が生まれるのが、ITという業種の魅力です。

IT分野の仕事を目指すなら

資料請求
オープンキャンパス
留学生申込み