MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか

ITエンジニアの仕事内容を徹底解説

ITエンジニアの仕事内容を徹底解説

目次

現代の社会は、IT(情報技術)とは切っても切れない関係にあります。例えば鉄道・運輸などのインフラから、手元のスマホまで、IT技術が私たちの生活を支えているのです。そのITは数多くのITエンジニアという技術者によって作られ、支えられています。

ITエンジニアとは?

ITエンジニアというと、漠然と「コンピューターでプログラムを作る人」とイメージするかもしれません。ITエンジニアの仕事内容を大別すると5つの職種があります。その仕事内容は、分野によってそれぞれ違いがあります。職種ごとに内容を見てみましょう。


システムエンジニア(SE)

システムエンジニアの仕事内容は、システムの設計から、開発、テストまで、全体に関わっています。いわゆる「上流工程」と呼ばれる分野を担っています。単にシステムの設計や開発を行うだけでなく、クライアントの要求を仕様にまとめ、プログラマーなどの関係者にその意図を伝達します。それだけに、高度なコミュニケーション能力やスケジュール管理能力が必要となります。


サーバーエンジニア

サーバーエンジニアの仕事内容は、システムの基幹部分にあたる、サーバーの設計や構築を担います。サーバーに特化したエンジニアの総称と言えるでしょう。また保守や運用も重要な役割です。メモリやCPU、ハードディスクなどサーバーの物理的なスペックから、サーバー内で動作する各種アプリケーションソフトの監視・管理も受け持っています。


ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアの仕事内容は、コンピューターをつなげるネットワークの構築と保守管理です。ネットワークとは、インターネットやイントラネットなど、コンピューターをつなげるネットワーク全般を指します。皆さんが学校や会社で使うパソコンのネットワークも、このネットワークエンジニアが構築したものでしょう。
ネットワークエンジニアは、外部から攻撃に備え、セキュリティ上の最新の技術や製品の知識が必要です。


プロジェクマネージャー(PM)

プロジェクトマネージャーは、システム開発において、全体を管理監督する役割を持っています。プロジェクトの計画、立ち上げのスタートアップから、設計・製造、そして納品まで、一貫した責任を持つ重要な仕事です。それだけに経営力、コミュニケーション能力、リスクに対する管理能力など、リーダーとしての資質が問われます。


プログラマー(PG)

プログラマーの主な仕事は、仕様書や設計書に従ってプログラミングを行う製造になります。SEと違って、プログラム言語を使って、実際に動作するシステムやソフトウェアを作成します。その活躍する場は年々増えており、IT業界にとっては必要不可欠な職種です。


まとめ

ITエンジニアは資格がないと出来ない仕事ではありませんが、取得しておくとスキルアップや就職に有利なものがあります。仕事内容によっては、ほぼ必携といえるものもあるでしょう。エンジニアを目指す方は取得することをおすすめします。
ITエンジニアの仕事内容は、ゲームのようなエンターテイメントから、銀行の勘定システム、鉄道や航空の運行まで、携わる分野は広がりを持っています。それだけに大きな魅力を感じる仕事であり、国内だけでなく海外でも働くことのできる、将来性の高い業界ではないでしょうか。
これからITの裾野は広がる一方です。AIやIoT、ブロックチェーン、自動運転など新しい技術がどんどん発展しています。ITエンジニアを目指すなら、まず幅広い業務の中から、自分が目指したいものを見つけると良いと思います。

ITエンジニアを目指すなら

資料請求
オープンキャンパス
留学生申込み