1. トップページ
  2. 業界・進路お役⽴ちコラム
  3. 放送・メディア
  4. ITエンジニアとは?おもな種類・仕事内容まで徹底解説!
放送・メディア : 業界・進路お役立ちコラム

ITエンジニアとは?おもな種類・仕事内容まで徹底解説!

ITエンジニアとは?おもな種類・仕事内容まで徹底解説!
⽬次
  1. ITエンジニアとは?
    1. ITエンジニアとプログラマーの違い
  2. ITエンジニアのおもな種類と仕事内容
    1. システムエンジニア
    2. ネットワークエンジニア
    3. インフラエンジニア
    4. セールスエンジニア
    5. Webエンジニア
    6. サーバーエンジニア
    7. データベースエンジニア
  3. まとめ

ITエンジニアと一口にいっても、システムエンジニアやネットワークエンジニアなど、さまざまな種類があります。種類によって仕事内容が異なるため、ITエンジニアを目指したいという方は、どういったITエンジニアになりたいのかを明確にする必要があるでしょう。

そこで、この記事ではITエンジニアの種類や仕事内容を紹介します。ITエンジニアに興味のある方は、進路を決める際の参考にしてください。

ITエンジニアとは?

IT=「情報技術」、エンジニア=「工学の技術者」となり、ITエンジニアとはITに関する知識や技術を持った人のことを指します。


冒頭で少し触れましたが、ITエンジニアは担当する仕事によって種類が細かく分かれており、それぞれ求められるスキルや仕事内容が異なります。そのため、ITエンジニアを目指すなら、各種類の仕事内容を把握しておくほうがよいでしょう。


ITエンジニアとプログラマーの違い

ITエンジニアと似た職業にプログラマーがありますが、仕事内容は大きく異なります。


プログラマーのおもな仕事は、プログラミング言語を駆使してシステムを開発することです。これに対して、ITエンジニアはプログラマーが設計したプログラムを、問題なく動作させるのがおもな仕事です。ITエンジニアのほうが担当する職務が広いため、プログラミング以外のスキルも求められます。


それぞれの仕事を工程に分けて記載すると、クライアントへのヒアリング(エンジニア)→設計(エンジニア)→プログラミング(プログラマー)→テスト・検証(エンジニア)→システム運用となります。

ITエンジニアのおもな種類と仕事内容

ITエンジニアの仕事は多岐にわたり、それぞれ仕事内容や求められるスキルが異なります。ITエンジニアのおもな種類と仕事内容、平均年収を紹介します。


システムエンジニア

システムの提案から設計、開発までを担うITエンジニアです。設計はプログラマー、テストはテスターが行なう形で役割分担するのが一般的ですが、企業によってはシステムエンジニアが一括で担当するケースもあります。役割分担した場合のプロジェクト管理も、システムエンジニアの仕事です。


平均年収は417万円といわれていますが、関わる業界や担当する業務の幅次第ではもう少し高い収入が狙えるでしょう。


ネットワークエンジニア

システム目線でもユーザー目線でも利用しやすいよう、ネットワーク環境を整えるITエンジニアです。ネットワーク設計や構築、運用、保守がおもな仕事となります。ネットワーク構築に必要なルーターやスイッチなどの機器は、メーカーによって細かい設定方法が異なるため、ベンダー知識も必要でしょう。


平均年収は455万円となっており、システムエンジニアの平均よりは高めといえます。


インフラエンジニア

サーバー構築やネットワーク管理、端末設定などをおもに行なうITエンジニアです。ITインフラの基盤となる部分を担うため、重要な仕事といえるでしょう。その分、深夜の障害対応や24時間監視のためのシフト勤務など、ITエンジニアでは珍しく深夜も含めた勤務体系になることが多くあります。


平均年収は666万円と高めです。それだけ専門知識を必要とする、レベルの高い仕事であることがうかがえるでしょう。

セールスエンジニア

技術的な専門知識を持った営業担当のITエンジニアです。または「フィールドアプリケーションエンジニア」の頭文字をとって「FAE」とも呼ばれます。システム導入の提案がおもな仕事となり、クライアントにIT関連の技術知識をわかりやすく説明することが求められます。


平均年収は626万円といわれていますが、1,000万円以上を獲得している方もいます。インセンティブや成果報酬のある会社であれば、高い年収を目指せるでしょう。


Webエンジニア

WebサイトやWebアプリケーションの設計・開発・運用・保守などを担うITエンジニアです。システムを利用するお客様から見える部分を担当することが多いので、デザインの知識や、使いやすいシステムを探す分析力も求められます。外部からの攻撃に備えて、ネットワークやセキュリティ対策の知識も持っていると重宝されるでしょう。


平均年収は419万円と少し低めですが、これは画面に近い簡単な部分のコーディングであれば、経験の浅い方でも行なえることが関係しています。そのため、高い年収が狙えないわけではありません。


サーバーエンジニア

サーバーの設計や構築、運用、保守などを担うITエンジニアです。クライアントのサービス用件に合わせた、最適なサーバーを構築するのがおもな仕事となります。


サーバーは止まらずに安定して稼働することが求められるので、特定サーバーへの負荷分散や、障害時でもサービスが提供できるようにするための知識が求められます。その他に、OSやサーバーアプリケーションの最新情報、物理的なネットワークケーブルの配線知識なども必要になるでしょう。


なお、平均年収は463万円といわれています。


データベースエンジニア

データベースの設計、開発、運用、保守を担うITエンジニアです。システムが取り扱うデータの性質に合わせて、データベースを適切に構築・管理するスキルが求められます。ビッグデータの活用には欠かせない存在となっており、分析用のデータ収集や機械学習用のデータ整形などができると需要は高いでしょう。


平均年収は505万円です。他のエンジニアと比べて年収が高いことからも、需要の高さがうかがえます。


まとめ

ITエンジニアは、仕事内容によって種類が細かく分かれています。そのため、自分のやりたいことや得意分野と照らし合わせて選ぶと、働きやすい種類の仕事が見つかるはずです。

ITエンジニアの種類によってはキャリアアップも狙えるので、専門性をしっかり身に付けて、活躍できるエンジニアを目指しましょう。

ITエンジニアを目指すなら

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする