1. トップページ
  2. 業界・進路お役⽴ちコラム
  3. 放送・メディア
  4. エンジニアの平均年収と年収アップのポイントを解説!
放送・メディア : 業界・進路お役立ちコラム

エンジニアの平均年収と年収アップのポイントを解説!

未経験からエンジニアの就職を成功させるためのポイント
⽬次
  1. エンジニアの平均年収
    1. フリーランスエンジニアの平均年収
  2. エンジニアの年収を左右するのはスキルレベル
  3. エンジニアが年収を上げる方法
    1. スキルを身に付ける
    2. ヒューマンスキルを磨く
    3. 転職をする
  4. まとめ

一般的にエンジニアの年収は高いというイメージがあるかもしれませんが、実際の年収はスキルによって大きく変わるため、一概に高いとはいえません。エンジニアは一般職に多い「年功序列」といった概念が薄く、スキルがあれば若年層でも高収入を狙うことが可能です。

そこで今回は、エンジニアの平均年収や年収アップのポイントなどを解説します。

エンジニアの平均年収

転職サービスdodaが発表した「平均年収ランキング(※)」によると、全職種の平均年収が409万円であるのに対し、ITエンジニアの平均年収は452万円となるようです。このことから、エンジニアの年収は高めであることがわかります。


※出典: 転職サービスdoda|平均年収ランキング

ただし、IT関連産業における給与水準は職種によって大きく異なり、同じエンジニアでも年収に大きな開きがあります。

職種 平均年収
プロジェクトマネジャー 664万円
プリセールス 658万円
サーバーエンジニア 463万円
ネットワークエンジニア 455万円
Webサービスエンジニア 419万円
SE/プログラマ 417万円
セールスエンジニア/FAE 498万円
スマホアプリ/ネイティブアプリ系エンジニア 443万円

※出典: 転職サービスdoda|平均年収ランキング

フリーランスエンジニアの平均年収

フリーランスエンジニアには、在宅ワークを中心とする「在宅」と、クライアントのもとで業務を行なう「常駐」の2種類があります。常駐の場合は毎月60~90万円ほどの案件を請け負うというケースが多く、平均年収は700~1,000万円と高めです。一方、在宅の場合は仕事が単発になりやすい分、年収も低めとなっています。


エンジニアの年収を左右するのはスキルレベル

エンジニアの年収は職種や働き方だけでなく、スキルも大きく関係します。
以下は、経済産業省が行なった、IT関連産業における給与水準の実態調査の結果です。


スキルレベル 平均年収
レベル1
新人、初級者レベル/仕事に慣れ始めたレベル
437.8万円
レベル2
上位者の指導のもとに仕事ができる若手人材レベル
499.2万円
レベル3
独立して仕事ができる中堅人材レベル
576.0万円
レベル4
部下を指導できるチームリーダーレベル
726.1万円
レベル5
社内での指導者・幹部レベル
937.8万円
レベル6
国内で著名なレベル
1129.9万円
レベル7
国際的に著名なレベル

出典:経済産業省|IT関連産業の給与等に関する実態調査結果

この調査では、IT人材のスキルレベルが7つに分けられており、レベル1~3までの給与水準では上昇が穏やかです。しかし、レベル4以降は上昇幅が大きく、レベル6~7になると平均年収が1,000万円を超える結果となっています。


この調査結果から、エンジニアの年収はスキルに比例するといえるでしょう。

エンジニアが年収を上げる方法

エンジニアが年収を上げるには技術的なスキルアップをはじめ、以下の方法があります。


スキルを身に付ける

エンジニア業界ではスキルが重視されるため、業務に必要とされるスキルを積極的に身に付けることが大切です。一般的なスキル以外にも、取得している人が少ない資格や、難度の高いスキルにチャレンジするとよいでしょう。


また、エンジニア業界では上流工程に進むほど年収が高くなる傾向にあるので、スキルを身に付けて上流工程を目指すのもおすすめです。

ヒューマンスキルを磨く

エンジニアには「一人で黙々と作業をする」というイメージがあるかもしれませんが、実際はチームや関連部署と連携を取りながら業務を進めていきます。そのため、ITスキルのほかに、コミュニケーション能力やマネジメントスキルも求められます。


特に、30代後半からはマネージャーやコンサルタント、管理職といったポジションが求められるため、収入アップを狙ううえでヒューマンスキルを磨くことは不可欠といえるでしょう。


転職をする

現在の職場で年収アップが難しい場合は、思い切って転職してみるのも一つの方法です。


転職で上流工程を目指したり、マネージャーや管理職といったポジションを狙ったりするのもよいでしょう。また、年収が高めの職種へキャリアチェンジするのもおすすめです。


転職後しばらくは年収が下がる可能性もありますが、将来的な年収を考えれば効果的な方法だといえます。


まとめ

ITエンジニアの平均年収は452万円となっており、全職種の平均年収よりも高めであるといえます。

ただし、同じエンジニアでも年収の幅には大きな開きがあり、全職種の平均よりも年収が高いのはマネージャークラス以上のスキルを持ったエンジニアです。そのため、年収を上げるには業務で求められるスキルを積極的に学び、上流工程や管理職クラスを狙っていくのが効果的でしょう。

また、エンジニアの年収は職種によっても異なります。一時的に年収が下がる可能性もありますが、転職を機にキャリアチェンジをしてみるのもよいでしょう。

ITエンジニアを目指すなら

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする