MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか

プログラマーの仕事内容を解説

プログラマーの仕事内容を解説

目次


パソコンやスマートフォンのようなITデバイスが、どの家庭にも当たり前のように普及しています。このようなデバイスには、例外なく「プログラム」が組み込まれています。このプログラムを作り上げているのが「プログラマー」という職業の人々です。今回は、プログラマーの仕事の内容や、必要なスキルについてお話します。


プログラマーの仕事内容は?

プログラマーの代表的な仕事内容を紹介します。


プログラミング言語での開発

プログラマーの仕事のメインとなるのが、プログラミング言語を用いた開発です。企業で使われているシステム、スマートフォンのアプリ、家電に組み込まれているシステムなど、多くの現場にプログラマーの成果物が使われています。プログラム開発には、ほかにもシステムエンジニアが携わりますが、実際に作業を行ってプログラムを組み上げるのは、プログラマーの仕事です。


プログラムの動作確認・仕様バグの発見

組み上げたプログラムは、テストを実施して動作を確かめる必要があります。このテスト作業もプログラマーが担当する仕事です。複数回のテストを実施し、バグが修正されればクライアントにプログラムを納品できる状態になります。


システムエンジニア(SE)との違いは?

プログラマーがプログラミング開発の作業を行うのに対し、システムエンジニア(SE)は、求められるシステムの要件定義や、設計など情報処理の上流工程を担います。納品やアフターフォローなど、クライアントに近い位置でのタスクを担うのもSEです。


プログラマーとして必要なスキルは?

プログラマーとして働くために必要な資格は特にありません。一方で、いくつかのスキルが求められます。代表的なスキルを紹介します。


プログラミングに関するスキル

仕事が「プログラムを構築すること」になるため、プログラミングに関するスキルが不可欠です。「開発言語に関する知識」と置き換えてもよいでしょう。就職しようとしている業界で使用されている言語を習得しておけば問題ありませんが、他の言語に関しても解読できるようにしておくと理想的です。


デバッグに関するスキル

デバッグとは、仕様と異なる動作をする「バグ」を見つけるためのテスト作業です。実際にプログラムを使用して、仕様書とは違う動きをしていないか確かめます。修正箇所を見つける注意深さや、洞察力が必要になります。大規模なシステムではデバッグが長期に渡ります。体力も必要になるでしょう。デバッグは経験を積まないと、習得が難しいかもしれません。


コミュニケーションスキル

プログラマーというと、「理系の仕事」「黙々と作業している」というイメージされがちですが、実際のシステム開発はチームで行われます。そのため、他のプログラマーやSEと、コミュニケーションをとる機会が頻繁におとずれます。コミュニケーションスキルが高いプログラマーは評価されやすいため、この能力を培っておいて損はありません。


まとめ

日本ではIT系の人材不足が問題視されています。これからは若いプログラマーの需要が高まるはずです。優秀なプログラマーは、能力に応じて評価されるでしょう。興味をお持ちの方は、まずは簡単なプログラミング言語や専門知識の勉強からはじめてみてはいかがでしょうか。

プログラマーを目指すなら

資料請求
オープンキャンパス
留学生申込み