MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか

テレビディレクターの仕事の魅力

テレビディレクターの仕事の魅力

目次


テレビディレクターは、番組の制作において始めから終わりまで関ることができる職業です。テレビディレクターの腕前によって、番組の質は大きく変わってきます。このページでは、テレビディレクターの仕事内容や魅力についてお伝えします。

テレビディレクターとは? 仕事内容は?

テレビディレクターの役割や、仕事の内容を紹介します。

番組制作現場の責任者

テレビディレクターは、番組制作現場の責任者にあたります。番組作りの最初から終わりまで、全ての指揮をとります。番組を作る際には、音響や照明、カメラマンといったように、さまざまな分野のスタッフが関わりますが、その全てを監督するのがテレビディレクターなのです。

テレビの番組制作の演出家としての役割

テレビディレクターの大きな役割のひとつが、演出家としての役割です。放送作家が作った企画を映像にするとき、より「おもしろさ」を発揮できるように収録を進めます。同じスタッフ、同じロケであっても、テレビディレクターの能力によって、番組の質は大きく変わるのです。

放送される映像を編集する役割

放送される映像を編集するのも、テレビディレクターの仕事です。どの場面を使用するか、出演者のどんな表情を映すかといったことを、ディレクターの判断によって決めてゆきます。

テレビディレクターとして働く魅力

テレビディレクターとして働く魅力は何でしょうか? まず、自分の手腕で価値のある番組を作ることでしょう。企画を作るのは放送作家やプロデューサーですが、彼らが現場で実際に指示することはほとんどありません。企画がどんなにおもしろくても、現場での収録が上手くいかないと、企画の魅力を発揮することは難しくなります。テレビディレクターの多くは、自分の手で番組を作ることにやりがいを感じています。

また、思いを発信できることもメリットのひとつです。全国の視聴者に、自分の考えを発信できるような仕事は多くありません。テレビディレクターは番組を通して、多くの方に意見を発信できる貴重な職業となっています。

テレビディレクターは、人間として成長できる職種でもあります。番組を作る際は、どんな内容が世間で好まれるのか情報を集め、現場を取り仕切って制作しなければなりません。ときにはハードなロケを行うこともあります。大変な分、得られるものもたくさんある職業です。

まとめ

テレビディレクターは忙しく、責任が重くハードな役職です。その反面、自分の手腕で番組を制作でき、思いを多くの視聴者に発信できる、やりがいのある仕事でもあります。

テレビ業界を目指すなら

資料請求
オープンキャンパス
留学生申込み