MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか
トップページ  >  学校案内  >  資格一覧  >  ITパスポート

ITパスポート

国家資格
ITパスポート

ITパスポートとは

ITパスポートとは、情報処理技術者試験の一区分として平成21年4月から新たに追加された国家資格の一つです。
この試験は経済産業大臣が管轄しており、ITを活用する社会人や学生など全ての者が備えておくべきITに関する基礎的な知識を習得していることを証明する資格となります。

ITパスポート試験では、ネットワークやプログラミング、セキュリティなどIT全般の知識に加え、経営や法律など幅広い知識が問われます。
ITパスポートの資格を取得しているということは、ITに関する基本的な知識に加え経営全般の知識を総合的に身に付けている証です。

ITパスポートの資格取得を目指すには

ITパスポートの資格取得を目指すには、ITの基本的な知識だけでなく経営全般やプロジェクト及びマネジメントなど幅広い分野の知識が必要となりますので、専門知識を身に付けやすい情報系の学科がある専門学校がおすすめです。

専門学校の場合は、授業の中で資格試験に関する知識を効率良く取り入れることが可能ですし、試験対策もしっかりと指導してくれますので合格まで一貫した学習ができます。
ITパスポートの資格は、通信教育や独学での取得も可能ですが、問われる分野が多岐にわたりますので、効率的に資格取得を目指すなら専門学校での学習を検討してみるとよいでしょう。

ITパスポートの需要

ITパスポートの資格は国家資格ということもあり、受験者は学生や社会人などの就職や転職を希望する方が中心です。

現在の情報技術は社会基盤の一端を担っており、業種や職種を問わずあらゆる企業や組織の中でITに関する知識は不可欠なものになっています。

そのため、ITに関する知識に特化している人材の確保は重要となり、そのニーズも多岐にわたると考えられますので、ITパスポート資格保持者の需要はますます高まっていくものと思われます。
ITを法令に基づき安全かつ有効に活用できる人材は、今後も多くの現場で必要とされるでしょう。

ITパスポートの将来性

ITパスポートの資格取得者は、法律からマネジメント、経営管理までトータルでITを活用できる人材として認定されていることになり、多くの企業や組織から必要とされています。
また、具体的な活用方法や改善策などを提案できる人材としての注目度も高く、大変期待されています。

ITパスポートの資格をステップアップの土台に、複数の資格取得をすることでプロフェッショナルとしての業務の幅も広がり、ニーズも更に高まっていくと考えられます。
また、情報化の推進やシステム運用の効率化に特化した人材は不可決となっていくことが見込まれますので、取っておいて損はない資格と言えるでしょう。

受験資格

ITパスポートの受験資格は特になく、誰でも受験が可能となっています。専門学校在籍者の場合は、在学中にも取得が可能となっています。

試験は全国の試験会場で月1回以上開催されており、地域によっては複数回行われている場合もあります。

受験申込みは、ITパスポート試験の公式サイトを利用したインターネット経由で行うようになっており、受験料は5,700円です。

出題形式はコンピュータを利用したCBT方式による四肢択一で行われ、経営全般、IT管理、IT技術といった3分野の基礎知識が問われます。
試験の時間帯や試験のスケジュールなどは、地域によって異なりますので、受験申込みの前にしっかりと確認しておくことが必要です。

合格率・難易度

ITパスポート試験は、出題される範囲が広範囲にわたるのが大きな特徴です。

大きく分けると、経営や法律のストラテジ系、IT管理のマネジメント系、ハードウェアやIT技術に関するテクノロジ系などの分野が問われます。
また、試験問題には略語や英語が多く使用されますので、合格するには専門用語をしっかりと把握しておくことは必須です。

記述問題はありませんが、計算問題や応用が必要な設問が幾つか出題されますので、過去問や教材をしっかりと学習しておくことが重要となります。

ITパスポート試験の合格率は約50%で、概ね半分は合格しています。
難易度が決して高い試験ではないと言えますが、一生懸命勉強しないと合格できないことはもちろん、受験者数増加に伴いこれから難易度が上がっていくことも考えられます。(2018年2月現在)

資格を生かせる仕事

ITパスポートの資格は、IT業界に於いての知名度が高く、学生の就職や社会人の転職などに役立つ資格です。
就職や転職先として挙げられるのは、SE及びプログラマー、ネットワークエンジニア、システムの運用や管理業務を行っている企業などが挙げられます。

また、ストラテジ系と呼ばれる分野である法律や権利、経営戦略などの分野の知識も試されることから経営管理や組織構成など分野の業務にも生かせるでしょう。
ITパスポートの資格取得を通して学習した知識は、キャリアアップの大きな武器になります。

資格取得で期待できる収入

収入の面から見ますと、ITパスポートの資格を取得しているからといって直ぐに高収入に繋がるわけではありません。

しかし、よりスキルレベルをアップさせるための土台となる資格として捉えると将来的に収入アップが期待できますし、更に上位の資格をできるだけ多く取得することで年収倍増も期待できます。
経験を積みながら、高度情報処理技術者試験であるITストラテジストなどの上位資格にチャレンジして知識を高めるとよいでしょう。

関連資格

Webクリエイター能力認定試験
基本情報技術者
情報処理技術者
応用情報技術者
初級システムアドミニストレータ
情報セキュリティマネジメント
ネットワークスペシャリスト
ソフトウェア開発技術者

読売理工医療福祉専門学校 クロスメディア情報学科について

読売理工医療福祉専門学校 クロスメディア情報学科では、ITパスポートの資格対策授業を行っています。

資料請求
オープンキャンパス
留学生申込み