MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか
トップページ  >  学校案内  >  資格一覧  >  マルチメディア検定

マルチメディア検定

民間資格
マルチメディア検定

マルチメディア検定とは

マルチメディア検定とは、ITの知識に関する検定資格です。
日常に欠かせないコンピューターやインターネットを活用し、画像や映像、音声などのマルチメディア情報の伝達において不可欠な知識や技術を評価する民間資格を指します。

マルチメディア検定にはベーシックとエキスパートの2種類があり、ベーシックではITの基礎知識の理解度を評価します。
エキスパートではマルチメディアの専門知識の理解と応用能力を評価し、いずれもIT知識の習得を測るものです。

PCや周辺機器に関わるマルチメディア検定は合格し資格を取得することで、幅広い分野での活躍が見込まれます。
既にエンジニアとして活躍しているビジネスパーソンはもちろんのこと、就職を控えた社会人になる前の学生の方にはおすすめの資格です。

マルチメディア検定の資格取得を目指すには

マルチメディア検定試験の合格を確実にしたいなら、情報系のコースがある専門学校へ入学するのがよいでしょう。
専門学校のWEB関連コースの場合は、プログラミングやネットワークに加え、デザインなどウェブの知識や応用技術といったIT関連の技術を総合的に学ぶことができる学校もあります。

また、各種の資格取得に向けての教育も整えられていますので、マルチメディア検定に限らず在学中に多数の資格が受検・取得できることも大きなメリットです。
教材や通信教育を利用した独学での試験対策も一つの方法ですが、専門学校なら実践力も身につきますので、試験の合格だけでなく将来を見据えながら選択技に加えてみることをおすすめします。

マルチメディア検定の需要

パソコンやスマートフォン、インターネットを利用したデジタル情報は、私達の生活の中では欠かせないものになっています。

そのため、マルチメディア検定の受験者も増加傾向にありますが、受け入れ側となる採用企業では魅力のある情報をより効果的かつ的確に伝える技術力・IT全般の知識に加え、流行にマッチしたセンスのある人材を求めているのが現状です。

また、最先端の技術をより早く取り入れ、応用できる能力も必要となっていますので、マルチメディア検定に合格して資格を取得しておくことは、求められている人材に1歩近づくことになり企業からの採用ニーズが高まって行くと考えられます。

マルチメディア検定の将来性

デジタル情報の多様化に伴い、映像や画像及び音楽など複数の種類の情報をひとまとめにして扱う、マルチメディアの知識や応用力を保持している人材が広く求められています。

かつてはオフィスの中など室内が中心のネットワークも現在では、スマートフォンやIoT搭載の情報家電、交通システムなど離れた場所から操作ができるようなシステムが開発され、活躍の場も多様化しています。

今後もマルチメディア検定の有資格者はあらゆるシチュエーションでますますニーズが増加していくと見られます。

もちろん、将来性が高く発展が見込める、変化が目まぐるしい業界ですので、時代の新しい波に乗り遅れないための勉強・情報のキャッチアップをしっかりと行っておくことが必要です。
ウェブを中心にITに関する業界は、今後多様化することに加え新しい技術が次々と登場していくと考えられますので、マルチメディア検定は大変将来性の高い資格と言えるでしょう。

受験資格

マルチメディア検定を主催しているのは「CG-ARTS協会」で、試験は年2回、全国20都道府県で実施されています。

受験資格は、年齢や学歴、実務経験などで特別な制限がありませんので誰でも受験することが可能です。
マルチメディア検定受験の申込みをするには、インターネットと郵便の2通りがあり、受験料はベーシックで5,500円、エキスパートで6,600円となっています。

試験形式は筆記試験のみのマークシート方式で、100点満点中70点以上で合格となります。

なお、マルチメディア検定は、他の試験と1日最大4種類まで併願が可能です。
また、身体に障害がある方に対しては受験対応の特別措置も行っておりますので、事前に問い合わせてみましょう。(2018年3月現在)

合格率・難易度

マルチメディア検定の難易度は、全体的に見て高いほうではないと言えますが、エキスパートとベーシックでは大きな差があります。
たとえば、ベーシックでは合格率が約75%ですが、エキスパートの場合は合格率約35%と下がる傾向にあり、より難易度が高いと推測されます。

試験勉強は、マルチメディアの基本的な知識をベースに、インターネットを使用した映像や画像、音声に加え、データ通信やネットワークなどの知識を習得しておく必要があります。

また、基本的なコミュニケーション技術やセキュリティ関係の学習も必須で、過去問題で出題傾向を把握しておくこともポイントの一つです。
まずは、基本的な内容の理解から始めましょう。(2018年3月現在)

資格を生かせる仕事

マルチメディア検定の資格は、ゲームメーカーやコンテンツ制作会社、インターネットビジネスなどウェブに関連する会社での就職・キャリアアップに役に立つと思われます。

マルチメディアを活用する業界は、これからますます発展していく業界ですので、よりスキルをアップさせ高い知識や技術を身につけておくことで幅広い職種に活かせるでしょう。
活躍を目指すなら、より多くの資格取得に向けて学習しておくことに加え、感性を磨きながら経験を積んでいくことが大切です。

資格取得で期待できる収入

マルチメディア検定に合格し能力を認定された場合、どんな職種に従事するかによって収入が変わってきます。

高い情報リテラシーとセキュリティ対策の知見に長け、コンテンツ制作やデータベース構築の知識を有する人材は実務経験を積み重ねるスピードの速さも期待できます。
どのような職種に就いても、幅広い分野での活躍が可能なIT業界ではスキルアップを常に図れば収入アップすることも期待できます。

また、マルチメディア検定の合格を機に、より知識と技術力を高め経験を積んでフリーランスで活躍することも不可能ではありませんので、時代の変化に敏感に対応できるようにしていきましょう。

関連資格

CGクリエイター検定
CGエンジニア検定
WEBデザイナー検定
画像処理エンジニア検定
ITパスポート
WEBクリエイター能力認定試験
基本情報技術者

読売理工医療福祉専門学校 クロスメディア情報学科について

読売理工医療福祉専門学校 クロスメディア情報学科では、マルチメディア検定の資格対策授業を行っています。

資料請求
オープンキャンパス
留学生申込み