MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか
トップページ  >  学校案内  >  資格一覧  >  Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験

民間資格
Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験とは

Webクリエイター能力認定試験とは、Webページやサイトを構築するための専門知識や実務的な技術を評価し認定する民間資格です。
Webクリエイター能力認定試験は、Webページを制作するためのHTMLのコーディング能力及びデザイン能力を評価する試験で、実務に直結する資格であるのが特徴となります。

認定試験は上級と初級に分かれており、上級は知識問題及び実技試験が課され、初級は実技試験が行われます。
Webクリエイター能力認定試験を取得することで、Web制作に関する知識や技能などの実力が証明できますので、Webクリエイターとしての能力のアピールに繋がるメリットがあります。

Webクリエイター能力認定試験の資格取得を目指すには

Webクリエイター能力認定試験に合格するには、Web及びIT分野のプロを多数輩出している情報学科などを持つ専門学校を利用するのがおすすめです。

その理由は、プログラミングの基礎からWebサイト、モバイルアプリなどの開発技術を中心にデザインや表現する技術が広く学べますし、普段の授業で資格対策授業が行われ、資格取得に向けた要素を効率良く取り入れているからです。
更に、専門学校の場合は在学中でも資格取得が可能で、効率の良い授業で合格へ導いてくれますし、費用の一部を助成してもらえる給付制度などもありますので、費用の面での心配が軽減するのも大きなメリットです。

Webクリエイター能力認定試験の需要

近年では、インターネットを活用したWebサイトの構築や運営がますます増加しており、Web運営に携わるデザイナーやクリエイターは、業務を遂行するうえで不可欠な存在となっています。

Webクリエイターの資格は、Web業界で最も受験者数が多い資格と言われており、学生はもちろんのこと社会人の若い世代に注目されています。

また、企業のニーズも様々な分野で高まっており、IT業界のパイオニアとしての人材確保に力を入れていますので、今後ますます需要が増加すると考えられます。
Web業界は今後更に発展すると想定される分野ですので、スキルアップの一歩として取得しておきたい資格です。

Webクリエイター能力認定試験の将来性

現在では、企業でも積極的にインターネットの活用に乗り出し、有能な人材確保に力を入れています。
その一方で、情報システムの分野では即戦力となれる人材は意外に不足しているのが現状ですので、当面の将来性には不安が無いと言っても過言ではないでしょう。

Webデザインやグラフィックデザインに興味があり、プログラミングや経営に対しても知識がある人材となれば、多種多様な場での活躍が期待できます。

Webクリエイター能力認定試験に合格後に即戦力となる人材を目指すなら、専門学校などの実践力を磨ける場でしっかりと勉強することがおすすめです。

受験資格

Webクリエイター能力認定試験は、学歴や年齢など受験資格に制限が無く、全国主要都市で毎年実施されています。

受験方法は「公開試験」と「随時試験」の2種類があり、受験するひとの都合の良い方法を選択できます。
どちらの受験方法も試験の出題範囲や難易度は同じです。

申込み方法は、株式会社サーティファイのWebサイトからのオンライン申込みとなっていますが、試験申込みの締め切りは試験会場によって異なりますので、事前に確認しておくことを忘れないようにしましょう。
Webクリエイター能力認定試験は、専門学校の在学中にも取得が可能ですし、企業単位での受験もできるようになっています。

合格率・難易度

Webクリエイター能力認定試験は、HTML4.01版、XHTML1.0版、HTML5.0版の3種類があります。

試験の難易度はそれぞれ2種類に分かれており、HTML4.01版が初級と上級、XHTML1.0版及びHTML5.0版がスタンダードとエキスパートの2つで、初級も上級も規定課題と自由課題の実技問題が出題されます。
スタンダードでは全て実技問題で、エキスパートの場合は記述問題と実技問題がそれぞれ出題されます。

合格するためには、HTMLやCSSなどのプログラミング言語の使い方やレイアウトのセオリーを順序立てて学習していくことがポイントで、試験の難易度としては比較的取り組みやすい資格ですので、段階を追って資格取得を目指す方がよいでしょう。(2018年2月現在)

資格を生かせる仕事

Webクリエイター能力認定試験に合格することで活かせる仕事として筆頭に挙げられるのは、やはりWeb制作会社です。

また、パソコンスクールなどのインストラクターなどの仕事でも活躍が期待できることに加え、より質の高い作品の制作に力を入れスキルに磨きをかければ、フリーランスで仕事を請負うのも夢ではありません。
採用時には過去の作品の提出を求められる場合も少なくありませんので、ハイクオリティな実務能力が必須となります。

資格取得で期待できる収入

Webクリエイターの能力検定試験に合格することで期待できる収入は、WebデザイナーやWebコーダーなどクリエイターとしての業務の幅や種類によって違いがあるようです。

Webクリエイターとして高収入を目指すためには、競争の激しい業界ということもあり、様々な変化に対応できる力を身に付けてスキルアップしていくことが必要となります。
スキルアップを目指せば、その知識や技術力がアピール要素の一つとなり大きな自信に繋がっていきますし、収入アップの期待もできます。

関連資格

Webデザイン技能検定
ITパスポート
Photoshopクリエイター能力試験
アドビ認定エキスパート
CGクリエイター検定試験

読売理工医療福祉専門学校 クロスメディア情報学科について

読売理工医療福祉専門学校 クロスメディア情報学科では、Webクリエイター能力認定試験の資格対策授業を行っています。

資料請求
オープンキャンパス
留学生申込み