MENU
訪問者別メニュー
入試・学費
学科紹介
学校案内
お問合わせほか
トップページ  >  学校案内  >  資格一覧  >  Webデザイナー検定

Webデザイナー検定

民間資格
Webデザイナー検定

Webデザイナー検定とは

WEBデザイナー検定(ウェブデザイナー検定)とは、ウェブプログラマーやウェブデザインなど、ウェブに関する制作や開発などの職務に従事している方に対して、国際規格に基づいて標準的な知識を認定する民間資格です。

WEBデザイナー検定はベーシックとエキスパートの2種類があり、それぞれウェブデザインの基礎をはじめ、ウェブを利用する上での知識やスキルのほか、知的財産権や著作権など法律に関する知識まで幅広い内容が問われます。

IT業界は競争率の激しい業界ですので、現在第一線で活躍している方は勿論のこと、スキルアップを目指す方やこれからウェブデザイナーを目指す方にはおすすめの資格です。

Webデザイナー検定の資格取得を目指すには

WEBデザイナー検定試験に合格するために効率良く勉強するには、専門学校に通うことがおすすめです。

ウェブに関する仕事は、ホームページのデザインだけではなく様々な職種があり、学ぶ内容もそれぞれ違いがあります。
専門学校を利用すれば、CGやアニメのクリエイターとしての制作技術やウェブプログラマーやエンジニアといったスキルが効率良く身につきます。

もちろん、写真撮影実習などを通してウェブデザイン制作の基礎も学べますので、資格取得に向けた勉強が効率良くできます。
教材を利用した独学でも試験対策は可能ですが、最新技術や知識を実践で得られる専門学校なら、より合格に繋がるでしょう。

Webデザイナー検定の需要

ウェブ業界は新しい技術が日々登場しており、若い方が活躍しやすい業界です。
そのためWEBデザイナー検定は若い世代を中心として注目度が高くなっています。
その一方で、ウェブに関する資格を保持している人材はまだまだ不足しているのが実情ですので、未経験者でも多彩な職種にチャレンジしやすい業界です。

現在ウェブデザイナーは、変化に強く現状に満足せず向上心のある人材のニーズがますます高まって行くと考えられますので、WEBデザイナー検定資格を取得しておいて損はないでしょう。

Webデザイナー検定の将来性

ウェブ上でのオンラインサービスが多様化している現在、ウェブデザイナーやクリエイターの数は年々増加傾向にあります。
WEBデザイナー検定に合格している人材は、ウェブ業界内において幅広い職種で求められています。

しかし、競争が激しい業界であるため専門知識や経験だけではなく、常に新しい変化に対応できる発想力に富んだ人材に目が向けられているのが現状です。
ウェブ業界は日々進化しているため、これからますます新技術の登場やサービスの多様化が進んでいくと考えられます。

ウェブに対する専門知識や実践力のみならず斬新なアイデアを生み出す力・企画力を兼ね備えていれば、仕事につながる将来性はとても高いと言えるでしょう。

受験資格

WEBデザイナー検定は「CG-ARTS協会」が実施していて、試験は全国20都道府県で年2回行われます。

受験資格は特になく、ベーシック及びエキスパート両区分とも択一式の試験形式です。

試験はウェブデザインや技術の基礎に加え、エキスパートではコンセプトメイキングや動きと音の効果、ウェブサイトの運用などの知識が問われます。

試験の申込み方法は、インターネットと郵便の2種類があり、個人のほか、団体受験も可能となっています。
受験料は、ベーシック5,500円エキスパート6,600円で、受験は1日で最大4種類までの併願も可能となっていますので、受験する場合は事前にしっかり詳細を確認しておきましょう。

合格率・難易度

WEBデザイナー検定は、基礎的な知識を評価するベーシックと専門的な知識を評価するエキスパートの2種類に分けられており、合格率はいずれも約50%と言われています。
難易度でWEBデザイナー検定を考えた場合、ベーシックではデザインや技術の基礎的な知識が問われますので、しっかりと勉強しておけばそれほど難易度は高くないと言えそうです。

一方で、エキスパートに関しては基礎に加え、コンセプトメイキングのプロセスや具体的な手法、音と動きの技法に加えウェブサイトの安全な保守や運用方法などの知識が必要となりますので、実務経験がないと難しく感じるでしょう。

専門学校生の場合は、実践的に学んでいる点でメリットがあると考えられます。(2018年2月現在)

資格を生かせる仕事

WEBデザイナー検定を受験して資格を取得することの大きなメリットは、就職をはじめ転職やキャリアアップの際の強みとなることです。

WEBデザイナー検定資格を活かせる仕事としては、ウェブコンテンツ制作会社やプログラミングの構築を業務とする企業などが挙げられます。
この資格に加え、ウェブ全般の知識や実務経験・技術を向上させればウェブプロデューサーやウェブディレクターの仕事など幅広い職種で活躍が期待できます。

もちろん、ウェブ業界で活躍したいのなら常に視野を広げて感性を磨くことも不可欠です。

資格取得で期待できる収入

現在ウェブ業界は活性化が進み、ウェブやアプリをメインとした制作会社が増加傾向にあります。

収入面は実際に勤務している企業により異なります。
ウェブデザイナーの中には独立してフリーランスで働く方も少なくありませんので、頑張り次第で大きなプロジェクトに関わったり、大幅な収入アップをかなえることも夢ではありません。

そのためには、仕事を的確に進める能力及び実戦での経験に加え、人脈作りやスキルを磨くことが必須となりますので日々の努力が大切です。

関連資格

ITパスポート試験
基本情報技術者試験
WEBクリエイター試験
マルチメディア検定
CGエンジニア検定
画像処理エンジニア検定

読売理工医療福祉専門学校 クロスメディア情報学科について

読売理工医療福祉専門学校 クロスメディア情報学科では、Webデザイナー検定の資格対策授業を行っています。

資料請求
オープンキャンパス
留学生申込み