1. トップページ
  2. 業界・進路お役⽴ちコラム
  3. 医療・福祉
  4. 介護福祉士になるには?国家資格の取得ルートと最短での取得方法
医療・福祉 : 業界・進路お役⽴ちコラム

介護福祉士になるには?国家資格の取得ルートと最短での取得方法

介護福祉士になるには?国家資格の取得ルートと最短での取得方法
⽬次
  1. 介護福祉士とは
  2. 介護福祉士になるには国家資格が必要
    1. 実務経験ルート
    2. 養成施設ルート
    3. 福祉系高等学校ルート
  3. 介護福祉士国家試験の概要
    1. 試験日
    2. 試験地
    3. 受験手数料
    4. 受験申込書の提出期間
    5. 試験内容
    6. 合格発表
  4. 最短で介護福祉士になるには専門学校がおすすめ
  5. まとめ
    1. 読売理工医療福祉専門学校の医療系学科

介護福祉士は、国家資格を必要とする職業です。ただし、国家試験には受験資格が必要なため、誰でもすぐに受験できるというわけではありません。

そこでこの記事では、介護福祉士になるために試験の受験資格を得るまでの3つのルートについて紹介します。併せて、資格の詳細についても解説しますので、介護福祉士に興味のある方はぜひ参考にしてください。

介護福祉士とは

介護福祉士になるには、介護福祉士の国家資格を取得する必要があります。国家試験に合格すれば取得できますが、試験を受けるためには受験資格の取得が必須です。そのため、誰でも受験できるわけではありません。

なお、受験資格を得るルートには、おもに次の3つがあります。

実務経験ルート

実務経験ルートでは、介護施設で働きながら受験資格を取得できます。介護福祉士の資格の取得方法としては、最もスタンダードなルートといえるでしょう。

実務経験ルートで国家試験の受験資格を得るためには「実務経験3年以上+実務者研修(EPA介護福祉士候補者以外の方)」、もしくは「実務経験3年以上+介護職員基礎研修+喀痰吸引等研修」が必要です。そのため、受験まで最短でも3年はかかります。

上記のとおり、実務経験に加え、実務者研修や介護職員基礎研修・喀痰吸引等研修の修了も必須です。そのため、これらの研修の講座やスクールに通わなければならないでしょう。

養成施設ルート

養成施設ルートは、実務経験を積むのではなく養成施設に通い、基礎となる知識・技術を学びながら受験資格を得るルートです。

福祉系大学・社会福祉士養成施設・保育士養成施設などを卒業している方は、介護福祉士養成施設に1年以上通えば受験資格が得られます。上記以外にも、高等学校を卒業した方や高等学校卒業程度認定試験などに合格している方は、介護福祉士養成施設に2年以上通うと受験資格の取得が可能です。

介護福祉士養成施設とは、厚生労働大臣によって指定された学校を指し、4年制大学・短期大学・専門学校などが該当します。

福祉系高等学校ルート

福祉系高等学校ルートは、福祉系特例高等学校や福祉系高等学校などを卒業している方が対象です。

福祉系特例高等学校などを卒業した場合は、実務経験を9ヵ月以上積むことで、受験資格を得られます。また、介護技術講習を受けた場合には、実技試験が免除になります。

福祉系高等学校などの場合は、厚生労働大臣が定める科目や単位数を修めて卒業すると受験資格を得られます。ただし、入学年度によって国家資格取得の条件が、次のように異なるので注意してください。

<平成20年度以前に福祉系高等学校などに入学した場合>

筆記試験と実技試験の両方で合格すれば、国家資格を取得できます。なお、介護技術講習を修了している方は、実技試験が免除されます。

<平成21年度以降に福祉系高等学校などに入学した場合>

筆記試験に合格すれば国家資格の取得が可能です。最初から実技試験は免除されているため、介護技術講習の受講は必要ありません。

介護福祉士国家試験の概要

ここからは、介護福祉士の国家試験の概要を解説します。

試験日

筆記試験は、以下34の試験地で実施されます。

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、福島県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、岐阜県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県、宮崎県、大分県、鹿児島県、沖縄県

ただし、実技試験の試験地は、東京都と大阪府の2ヵ所のみです。

受験手数料

国家試験の受験手数料は、1万8,380円です。
※第34回(令和3年度)から変更となっています。
※合格後、登録手続きを行なう際、受験手数料に加え、登録免許税9,000円、登録手数料3,320円がかかります。

受験申込書の提出期間

受験申込書の提出期間は、受験する前年の8月から約1ヵ月間です。ただし、日程は毎年変わるため、詳細は試験要項などをよく確認してください。

また、受験申込書を提出するには、事前に「受験の手引」を取り寄せる必要があります。

試験内容

介護福祉士国家試験の筆記試験は、おもに次のような内容が出題されます。

  1. ・人間の尊厳と自立
  2. ・人間関係とコミュニケーション
  3. ・社会の理解
  4. ・介護の基本
  5. ・コミュニケーション技術
  6. ・生活支援技術
  7. ・介護過程
  8. ・発達と老化の理解
  9. ・認知症の理解
  10. ・障害の理解
  11. ・こころとからだのしくみ
  12. ・医療的ケア
  13. ・総合問題

試験内容

毎年、実技試験終了後の3月に発表されます。

最短で介護福祉士になるには専門学校がおすすめ

ここまで、介護福祉士になるためのさまざまなルートを紹介してきましたが、最短で介護福祉士になりたい場合は、いわゆる「養成施設ルート」で専門学校に通うのがおすすめです。

高等学校を卒業した方、あるいは高等学校卒業程度認定試験などに合格している方が専門学校で学べば、最短2年で介護福祉士になれます。

読売理工医療福祉専門学校では、介護福祉士の育成・確保のために東京都が最大164万円の修学資金を貸付ける「介護福祉士修学資金貸付制度」も利用できます。卒業後、東京都内の福祉施設に介護職として就職し、5年間従事することにより返還が全額免除されます。

専門学校では、2年間を通して介護の知識やスキルを体系的に身に付けられるため、就職後に自信を持って仕事に臨めるでしょう。施設実習も多く、自分に合った就業先が見つけやすいのも大きなメリットです。

まとめ

介護福祉士は、介護が必要な方がスムーズに生活できるようにサポートする仕事であり、おもに介護施設で働きます。

介護福祉士は国家資格のため、国家試験に合格しなければ名乗ることができません。国家試験を受けるには、「実務経験ルート」「養成施設ルート」「福祉系高等学校ルート」の3つのルートがあるので、自身の現状や希望に合わせてルートを選ぶとよいでしょう。

できるだけ早く介護福祉士になりたいなら、最短2年で国家試験の受験資格が得られる「養成施設ルート」で専門学校に通うのがおすすめです。介護福祉士になりたいと考えている方は、「養成施設ルート」もぜひ検討してみてください。

介護福祉士を目指すなら

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
  • LINEでシェアする