【電気電子学科】就職活動開始

読売理工医療福祉専門学校 電気電子学科 は、入学して学びながら自分の適性を発見し、就職活動を始められる、電気工学と電子工学の基礎を学べる学校です。

1年前の4月から電気の学習を始めた1年生が、就職活動を開始しました。

入学当初は「保安管理」も「施工管理」も、あまり理解できていなかった1年生が、具体的な仕事のイメージを持って、自ら希望する進路の選択をすることができるようになりました。

入学後1年間でそのようになれる理由は、多くの企業様の協力を得られているからです。

本年度は「求人企業から求められる人材づくり」の初年度として、多くの企業様の協力を頂き、卒業生の先輩との交流などを通して、仕事の具体的なイメージづくりを初めて行いました。

「電気のしごと」とは、普通は「電力」と呼ばれている「電気エネルギー」を安全に使えるように管理することです。

電気エネルギーを発電所で発電して、安全に送り、使用場所へ配り、事故が発生しないように使えるようにする。これが電気技術者の仕事です。

主に、設計どおりの工事を行う仕事(施工管理技術者)と、設計どおりに出来上がった電気設備の安全を確保する仕事(保安管理技術者)に分けられます。

そして、最近は国内では設計のみを行い、製造は国外で行っている、事故を起こさない安全な電気製品を製造する仕事があります。

施工管理技術者は電気設備の保安管理が理解できなければ使い勝手の良い設備を作れませんし、保安管理技術者は施工管理が理解できなければ無理な工期や品質を強制することで保安を確保することができなくなります。

仕事の発注側にいる保安管理技術者と、受注側にいる施工管理技術者は、立場は逆でも、電気エネルギーの安全を確保するという職業意識を持っている点では一致しているのです。

「求人企業から求められる人材」づくりの 2年目となる2022年度からは、1年生の前期に電気工事の概要、電気保安に関する法体系、電気工事士と隣接する資格と職域等を学習することにより、電気技術職のキャリアパスやキャリアアップについて理解する「電気技術職概論」を、後期には建設業法や施工計画、施工管理の教科を新規開講します。

最後になりましたが、1年生が仕事の具体的なイメージづくりをするためにご協力下さった企業の皆様に心より感謝申し上げます。

<保安管理・施設管理>

  • 一般財団法人 関東電気保安協会 様
  • 太平ビルサービス株式会社 様
  • パナソニックファシリティーズ株式会社 様
  • 株式会社マルイファシリティーズ 様
  • 読売不動産株式会社 様

<施工管理>

  • 株式会社IHI物流産業システム 様
  • 株式会社アペックエンジニアリング 様
  • 株式会社九南 様
  • 日本電設工業株式会社 グループ 様
  • 株式会社ネクスコ東日本エンジニアリング 様
  • ミノシマ株式会社 様

                 (50音順)

【電気電子学科】卒業生による仕事説明会

読売理工医療福祉専門学校 電気電子学科 では、1年生が具体的なイメージを持って就職活動ができるように、卒業生による仕事説明会を開催致しました。

パナソニックファシリーティーズ株式会社の岩田君は、新潟からオンライン接続で参加してくれました。

太平ビルサービス株式会社から2名の卒業生が来校くださいました。劉さんは本社がある新宿スクエアタワーで働いています。樋口君は大宮駅西口駅前の18階建てのビルで監視室の所長をしています。

樋口君は本校の非常勤講師として、2年生の実習授業で自家用電気工作物の各種測定の指導を行っています。劉さんは樋口君の教え子です。

株式会社マルイファシリティーズからは、所長代理の橋田君が来校くださいました。

株式会社九南からは、2名の卒業生が動画で協力をしてくれました。鈴木君は在学中に第一種電気工事士試験に合格して、今は公共工事の現場で免状取得に必要な実務経験を積み重ねています。二俣君はスーパーゼネコンの総延床面積約20,000m2の現場で働いています。ふたりは同じ高校を卒業して、本校でも2年間一緒に過ごして、今は同じ会社で働いています。

この他にも、多くの企業様にご協力を頂き、この説明会を開催することができました。

ご協力に心から感謝をしています。本当にありがとうございました。

【電気電子学科】二種電工合格おめでとう!

読売理工医療福祉専門学校 電気電子学科 で第二種電気工事士技能試験を受験した1年生10名が合格しました。

入学前に第二種電気工事士免状を取得している1年生5名に技能試験の指導に協力頂き、1年生の半数以上が第二種電気工事士免状取得者になります。

6月12日(日)に実施される2級電気工事施工管理技術検定は15名以上の1年生が受験申込をする予定です。

【電気電子学科】2級電気工事施工管理技士補合格おめでとう!

読売理工医療福祉専門学校 電気電子学科 から、はじめての2級電気工事施工管理技士補が誕生することになりました。

試験実施機関からの学科宛通知

令和3年度に施工管理技術検定の試験制度が変わり、これまでの学科試験に実地試験の一部が加わり、第一次検定になりました。そして第一次検定の合格者は国家資格である施工管理技士補になることが可能になりました。

合格した1年生は、高校の普通科を昨年春に卒業して本校電気電子学科へ入学。それから電気工学や電子工学の学習を始めて、11月の検定に見事合格することができました。

合格の秘訣は学生本人の「やる気」と「努力」ですが、読売理工医療福祉専門学校の電気電子学科は、そういう学生を全力で支援します。

【電気電子学科】一種電工合格おめでとう!

読売理工医療福祉専門学校 電気電子学科 で第一種電気工事士技能試験を受験した全員が合格しました。

放課後も残って練習をする1年生
授業開始前に練習をする2年生

第一種電気工事士試験の合格を目指して本校に入学をする学生が毎年います。

その理由は、本校を卒業した先輩教員に代々引き継がれている、親身な指導を受け、一緒に受験をする仲間と考えることで合格に必要な実力をつけるためです。

本校在学中に第一種電気工事士試験に合格し、今は設備保守・管理に従事している卒業生は、本校在学中の合格を目指せば独学の10分の1の金額で合格することも可能と言っておりました。

本校在学中に合格した卒業生が作成したプレゼンテーション資料

高校卒業後、2年間迷った末に入学を決断したこの卒業生は、優秀な成績で本校を卒業していきました。今回合格した1年生もこれから始まる就職活動に向け、方向性が見えて来た様子です。

【電気電子学科】2年生の実験

読売理工医療福祉専門学校の電気電子学科2年生は、冬休みが終わり、最後の期末試験まで残りわずかとなりました。

実験回路の結線作業

電気主任技術者の認定資格を取得するため、感染予防対策を強化して実験に取り組んでいます。

今の2年生の入学と同じ頃、新校舎移転に併せて高電圧実験装置を更新しました。コンピュータ制御の最新式です。

2年生の田中君の撮影画像
高電圧実験装置

【電気電子学科】電気工事士技能試験対策

読売理工医療福祉専門学校の電気電子学科では、 今週末に実施される第一種電気工事士、来週末に実施される第二種電気工事士の技能試験対策を行っています。

昨年度までは希望者のみ第一種電気工事士受験対策指導を実施してきましたが、本年度は1年生全員に第二種電気工事士筆記試験相当の指導を入学時から行いました。

筆記試験の結果は自己採点結果のとおり、全国平均を上回る合格率でした。

筆記試験の終了後は、引き続き技能試験対策に取り組んでいます。

本試験に近い形式で開始してから5週間が過ぎ、全員が試験時間の40分以内に作品を完成できるようになりました。

授業が終わった放課後も、希望する学生は残って引き続き指導を受け、合格を確実にできることを目指しています。

来年度からは、電気主任技術者認定に必要な教科に加え、1年次の後期から施工管理法や施工管理関係法規を学習し、2年次で建築電気設備、品質管理実務演習、安全管理実務演習を学習することにより、在学中に2級電気工事施工管理技士補の国家資格取得を目指せる学習環境を整え、電気保安技術者と施工管理技術者の二刀流で活躍できる電気技術者を育成するカリキュラムに変更する計画です。

【電気電子学科】二種電工筆記試験自己採点

読売理工医療福祉専門学校の電気電子学科では、 入学した学生の目標に応じた資格取得指導をしています。

高校の電気科や機械科を卒業した学生だけではなく、普通科を卒業した学生や、日本語学校を卒業した留学生が、同じ電気電子学科の学生として、卒業を目指し、ひとつのクラスで2年間一緒に学習をするからです。

本校入学前に第二種電気工事士免状を取得した学生は、入学して間もなく第一種電気工事士試験の合格を目指して学習を開始します。その他の学生は先ず第二種電気工事士試験の在学中合格を目指し、卒業時までに電験資格認定者に必要な単位を取得していきます。

この前の日曜日に実施された、令和3年度下期の第二種電気工事士筆記試験の自己採点結果では、今年の春に入学した留学生3名を含む1年生10名以上が合格点に達しました。

本校に入学してから、初めて電気の専門科目を学習した学生が50問中40問以上正解をしています。留学生は、ルビ(漢字のフリガナ)があると読めても意味が分からないと言って、ルビなしの問題で合格しています。本当にすごい!

技能試験にも合格できることを心の底から願い、引き続き指導と応援を続けていきたいと思っています。

【電気電子学科】「ものづくり」の実習

読売理工医療福祉専門学校の電気電子学科では、実験実習の時間に学生ひとりひとりが小型変圧器を製作し、変圧器の特性試験を行い、電気機器工学の講義で学習する理論の理解を深めています。

電気絶縁材料のプレスボードを切断して、木工ボードで接着してボビンを作ります。

これを1週間乾燥させてから、1次巻線と2次巻線を巻き、鉄心を取り付けて完成です。

ボビン作りに失敗すると、巻線がきちんと巻けず、鉄心も取り付けられないため、学生たちは集中して黙々と作業を続けていました。

変圧器はスマホの充電など電気製品を使う普段の暮らしだけではなく、電車の安全な運行なども支える、重要な電気機器です。自作した小型変圧器の試験データから、何かを得てもらえることを願っています。

【電気電子学科】2級電気工事施工管理技士資格対策講座を開講

読売理工医療福祉専門学校電気電子学科では、 開講済みの第一種電気工事士に続いて、2級電気工事施工管理技術検定第一次検定の資格対策講座を開講しました。

受検申込期間が夏休みの始まる直前でしたので、受験申込をした学生が、夏休み中にいつでも何回でもオンラインで受講ができるようにしています。

学生との質疑応答は、随時チャット形式で行い、ビデオ通話での説明も可能になっています。